種をまいた、ひまわりの芽が♪

2013.06.14
「芽が出てきました」↓

広い広い花畑にまいたヒマワリの種。芽を出し始めました。

芽が出ると、なんだか嬉しいですね♪

夏休みに満開のひまわり畑+富士山で、写真が撮りたくなる癒される場所になれば・・。
 「おい・・」↓

ヤギの「たつや」が何か言いたそうだ・・・

 「おい!」↓

「見てないでヒモをなんとかせんかい!巻いとるだろうが!(怒)」

とこちらを見るたつやさん。

あ、はいはいすみませんね。

 「アカシジミ」↓

駐車場で赤いチョウチョ発見。  アカシジミという、全国的にみられる蝶だと判明。 なるほど。

 「お花の手入れ頑張っていました」↓

基本、花は水と日光が十分でないときれいに咲いてくれません。

ハンギングのお花は、日陰にぶら下がっているものが多い。

そこで、時々登っておろして、日中おひさまにあてたりします。手がかりますが、おもてなしの心のなせる行動。

売店スタッフも頑張っていました。

 「陶芸作品」↓

陶芸は粘土から作品を作り・・・3ヵ月後に焼きあがって完成。

時間がかかるのは、①まずよく乾燥 ②素焼き ③裏側を中心に削る(机に傷をつけないようになどの理由)

③釉薬をかける ④乾燥 ⑤本焼き ⑥住所などを確認しながら丁寧に梱包 と作業手順が多いから。

ある程度数がたまらないと、焼く作業や次の作業にに入れないことも理由の一つ。

 「テントウムシ」↓

ナミテントウかな? 幼虫とさなぎが同じ葉にいた。

幼虫も成虫もアブラムシを食べてくれるので、作物の味方です。

※ハウス内で作物を育てる農家さん向けに、テントウムシは販売されていますし。
 インターネットでも買えます。

 「カモガヤ」↓

牧場のスタッフで、この「カモガヤ」のアレルギーの人もいます。

ご本人は、この時期はかゆいし、草に近づく「草刈り作業」ができないと・・。

カモガヤは風で花粉を飛ばすイネ科の風媒花。どこにいても花粉が飛んでくる。大変なようです。

 「杭やら石やら」↓

地面に出っ張りが出ていて、ミニユンボで掘る際に周りの石もみんな掘りだしてみた。ついでに。

へこんだままでは危険なので・・
 「うめました」↓

コーヒーかすを入れてから、重機で何度も踏んで平らにする。

これでよし。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る