種芋になるジャガイモ、乾燥OK

2011.03.08
 「ペンキ置き場」↓

ペンキの1斗缶がならんでいます。油性と水性で分けておいてあります。

場内で毎年使う「ガードラック」という、木材防腐系塗料はすごく高い。1つ25000円位。

4つ並んでれば10万円(!)。保管注意ももちろんですが、使う方もそれを知っていたほうが良さそうだ。

ペンキって高い。

 「乾燥終了」↓

先日掘り出した、秋植えのジャガイモ。大きさ別に3種に分け、中と大を種芋に。

小は洗って、レストランへ。
 「このぐらい」↓

日本最大の生産地、北海道も天候でかなり被害を受けたそうですね。

2週間前に○ンチョーのスタッフさんが「今年は出来がひどかったのでもうどこにも売ってないですね」と

言っていたが・・・・。           月曜にカ○ンズホームに行ったら山積み。

正確な情報提供を出来るよう、注意いたします・・・。
 「お料理されてた♪」↓

夕方レストランで、下ゆでされていたモノを見せてもらった。

昼間調理した分は全てなくなったそうです♪

おいしく食べていただければ、作った側としてとっても嬉しいですね。
 「マキの長さ」↓

燃やすマキ。一定の長さにするのが大切ですが、大体の感覚でやっていると、ズレが生じやすい。

ノコギリや、チェーンソーなどの「切る道具」で大体の長さを決めておくといいのです。

何十年と作業している馬飼野会長ですら、サッと道具を木に当てて、長さを見ながら狂わないように切ります。

全ては使う人(相手)の気持ちになってのコト。

 「ウシウマ放牧」↓

道路側に、塗りなおしたウシとウマを設置。

 「荷台に・・・」↓

枝か・・・。  ん?  この枝が何かに似ているな・・・

 「シカ発見」↓

枝がシカの様だ。

小さな発見・・♪

コメントを残す

ブログ一覧に戻る