竹枝の切り方

2010.06.04
普段の年なら、そろそろ四国が入梅する頃なのに、まだ九州すらもはいっていない。

入るのは遅く、長引くのではないかと予報が出ていますね。

 「アヒャーアヒャー と・・・」↓

空を巨大な鳥が6羽ほど、「あひゃー あひゃー」となきながら飛んでいった。(白いL字部分)

カナダガンだ。いきなり道路や田んぼに舞い降りてくると、その大きな姿にビックリしてしまいます。

※カメラが間に合わなかった・・・

 「コイノボリポール片付け」↓

5月も終わり、コイノボリ終了。

この時期だけ出す物ですから、きちんと片づけて来年出しやすいように仕舞います。
 「今日のメイン仕事」↓

急ぎだった、4期目トウモロコシの種まき終了。ココだけで3000株。

 「竹の切り方」↓

竹は、根元から切りたくなりますが、今1番新しいきり方は地上1メートルほどの高さで切る方法。

竹の切り株は、邪魔で危険です。草刈の際にはガッと刃が食い込みやすいですし、歩いてつまづいたりもする。

1メートルほどの高さで切ると、草が茂っても見えるし、何よりも1年後に、グラグラになって

人の手でボッキリ折り取る事ができるのです。

搬出する竹もその分軽くなりますし。

 「枝を美しく安全に除去する」↓

竹に人の手が触れるものを作成する場合、ささくれていては「トゲ」が刺さって危険。(竹馬とか)

刃の付け根にこのようにのこぎりを当てて・・
 「ちょっと切る」↓

少し切れ込みをいれます。(切りすぎると材(使う部分)が切れちゃいますからご注意)

 「簡単に」↓

クッと引っ張ればポッキリおれて、触っても手にトゲが刺さりにくい美しい仕上がりに。

オマケに作業も早い。

 「こんな材料がとれた」↓

アルものを作成中・・・(私は考えて伝えただけ。作ってくれるのはエイゼンのおじさま)。

「○○おどし」のすごいやつ!?    「コケ」・・?  いやいや・・・

雨の日に活躍だ!(展示物ですが)
 「ジャガイモ畑」↓

収穫してみんなで食べるまであと2週間。

育成がイマイチの部分もあります。差が大きい場合は、すぐ横に予備の畑もありますので・・。

今収穫できる体験は「梅の実狩り」来週末あたりから「ニンニク」と「タマネギ」もはじめられそうです。

※今年は一般収穫向けのジャガ芋ほりは開催いたしません。
 「サツマイモ畑の向こうで」↓

社長自ら、黙々と草刈中。

明日5日(土曜日)は「子育てフェア」開催日。9時半頃から12時ごろまで道路が大変混雑いたします!

5000名近い方々がマイカーでお越しくださいますので、ご来場予定の方はお早めに!

10時からソラマメニンニク収穫の方はいつもより30分早いお出かけでもギリギリになる可能性が。

富士宮市内の幼稚園保育園さんが大集結される5日は道路混雑注意!
  「張った~」↓

黙々と草を刈る社長の横で、私はラッカセイマルチ張り。

1700株分ほどを張ることができました。
 「ラッカセイの失敗例」↓

向きを上下間違えて蒔くとこのように。

根が空中に出てしまいます。今のように晴れ続きだと枯れてしまいます。
 「正解」↓

こちらは皆様の3日前にまいたもの。先週末にタネを蒔いたかたの畑はあと3~4日でこんな感じに

頭を出し始めます。

※5日のAM大渋滞にご注意下さいませ!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る