節分の催しは、今週末土日両方開催~(13:00より)

2015.01.30
節分の催しは、1月31日と2月1日(明日明後日)、13:00から中央広場にて開催いたします。
 「ああ!シカが食い尽くしている!」↓

牧草の種をまいていたところは、みっしりと生えている。

伸びた葉先をすべて食べられたから。  シカに。

 「証拠」↓

鹿のおとしもの。そこかしこにある。

ここの牧草は、シカのエサを育てたようなものだな・・・

 「こちらは落ち着いていらてなっかった   (←おちつけ)」↓

みんなの「小麦畑」。先週までは食害がなかったが、木曜日に行くと、葉先が食べられていた!

急いで電気柵を張る。人の頭の高さまで、4本張ったので、小麦畑はもう大丈夫。

※小麦畑をされている方は、2月中の都合の合う日にちで、「麦踏み」を体験できます。
 麦はこの時期に踏むことでぶんけつを促すエチレンが出て、穂の数が増え易くなります。(収量アップ)
 「こちらも野生動物被害」↓

カラスだ・・・   食い物が入っていることがあるから、そりゃあスキがあったらほじくりにくるわな。

片付けておきました。

 「イチョウ終了!」↓

手伝っていた、銀杏の高所枝切り。中央通路が終了!

さて、ここからは畑仕事に集中するぞ!

畑の片づけ、堆肥入れと耕し、イモ・キクイモ掘り出し、シイタケ木の並べ直し、カキ・ブルーベリー剪定等。

書き出してあるので、優先順位をつけてスケジュール通り 順に進めてゆきたい。
 「デグチ」↓

入場券売り場に新表示が出ておりました。(写真中央の黒い板)

やや、この工夫は いいよ!

 「新表示のアップ」↓

出口に「本日の入場券は○月○日まで有効です」と表示されている。

これはいい! そしてさらに良いのは・・・
 「新POPもできあがってきていた」↓

まかいの牧場の普通入場券は1か月有効。(14年ほど前から、値段そのままで、期限だけを延長)

馬飼野社長が「1か月有効にすることで、その間でも季節の移ろいを感じてほしい」と考えて始まったサービス。

その真意はなかなか伝わらず、初めて見えたお客様の多くは心の中で「遠くからきているから、また来ることは

難しい。1回しか入れないのだから、1回用のもっと安い券はないのかしら。」と思います。(当然)

それで、社長の真意を少しでもお伝えしたいと自主的に、新人のお姉さんが考えて行動したそうです。

    いいねぇ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る