簡単!大量のお化けカボチャの種を洗い出す方法。

2013.10.10
 「ものづくり工房で」↓

ものづくり工房のネイチャークラフトが・・・  変わる!

今までは自然物を組み合わせて作るだけでしたが、ペイントもできるように変わります!

それを聞いて私も ( °Д°)ホヘー と言うぐらいでしたが・・・・・

スタッフのヨコヤマさんの作った 見本(↑↑)を見て・・・・   
   ワクワクした!

 「これは作りたくなるなあ」↑

勝手な感想ですが、これは

作ってみたくなって、

自分の部屋に飾ってみたくなって、

そして

自然の素材がいとおしくなるところまでのストーリーが感じられた。

この左の花なんかは、クヌギのドングリの帽子。 いつも掃除でバンバン集めちゃってますが、

これを見たら、もう かわいくてしかたなくなっちゃう♪ 

これは・・・    私が作りたい!     と思いましたね。

 「ドロドロになったお化けカボチャの中から種を取り出す方法」↓

お化けカボチャの種は探しながら取り出すと恐ろしく時間がかかる。結構見逃してしまうし。

そこで!ドロドロの中身だけをバケツに入れ、アミをかけたら重しで抑える。

そこへ強い水流を流し込んで・・・

あふれさせる! ドバドバと・・!

このぐらいになるまで。

種は網に引っ掛かるか、沈んでいるので、果肉が無くなるまでドバドバと。

 「よし」↓

この様に♪

 「そして干す」↓

種はカビやすいので早く乾燥させること。

新聞の上で干すと、乾きながらくっついてしまうので、麻袋や段ボールで干す・・・

 「キンモクセイ」↓

香りで気がつくキンモクセイ。

季節を感じさせますね♪

 「本日の入口の1枚」↓

季節に合った入口ディスプレイ。

「次回はなにがあるのかな?」と楽しみにして頂けるクオリティを継続したいところです。
※次(冬)はどうするか・・・・毎日考えちゃいます。
 「売店にて」↓

新人のオカモトさんから「マキ、もらってもいいですか?」と連絡があり、快諾。

そのディスプレイしたコーナー。  いいね~。  私には出来ない。

新しい風が牧場内各所に吹いているような気がします。
 「その作品の一つ」↓

12日から始まるもの多し。

農園でも芋掘りが始まりますが、今年は堀ったイモをふかして・・・ 干しイモ作り教室を開催!

干しアミと作り方の説明書も付きながら、包丁マナ板で、その場ですぐ作って、「あとは干すだけ」という

ところまで出来るのだ!  

※11:30の芋掘りは土日だけ開催(続けて「秋のさつまいもマフィン作り」に割引で参加できる。自イモで)

※13:30の芋掘り後には、ふかし、干しイモ作りと続けて出来るのでっす!  (毎日~♪)

 「これ」↓

自宅で干しイモが作れるようになりまっす♪

自然食品の干しイモって、買うと結構高いですよね。

自分で作れば簡単で安くて安心、なによりも・・・楽しい!

食の楽しさに触れるきっかけになればいいな!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る