羊が生まれた朝 (再び)

2013.03.27
 「寒い朝」↓

火曜日の朝は、氷が張っていた。タライの氷上にブラシを置いてみた。

ジャガイモが芽を出した後で、こんな寒い日が来ると、芽がかなり霜にやられてしまう事があります。

お茶なども霜に弱い。他にも霜に弱い作物等は多いので、農家にとって「遅霜予報」は大切なのです。
 「富士宮市内のサクラ」↓

牧場から15分ほど下ってきた辺りの写真。これでも満開・・・

なんだか今年の桜は花が少ないような。

 「誕生」↓

火曜日の朝も、羊の赤ちゃん誕生♪

予想を上回る、好成績ということで。
 「ふー」↓

乳やりのあとの日だまりで、お母さん羊もウトウト・・・♪

 「仔羊はコレが良く起こる」↓

お尻周りが汚れている。 下痢だ。 子供なので体力が無いため、注意が必要。

でもよくあること。気づいてあげられるかどうか。「観察」が物を言う。

 「満開」↓

牧場で満開なのは「三椏(ミツマタ)」。

黄色い独特な形の花が印象的。

枝がどこもみんな「3つのまた」に枝分かれしているからミツマタ。

 「こんな花」↓

バナナ状の長い花の先がチョイと開いている。

普通黄色をしていますが、オレンジに近い赤系のものもあります。
 「バーム作りにて」↓

火曜日のバームクーヘン作りで、新たに出来上がったものが・・・

命名されたものは、バームクエヘン。   焦げて、食えないからだそうな。

なかなかの命名。          (って、コゲたのは先っちょだけだから、食べてあげてね♪)

 「食育担当かと思いきや・・」↓

先生が「私はショクヨク担当です!」 と。

なるほど食欲。         ユニークな先生ですね~♪ 

 「堆肥を運んだりしたので」↓

堆肥を運んだダンプを洗って、燃料も満タンにする。

このダンプは1時間動かすと約40キロのCO2がでる(らしい)。

こういうことが書いてあると、エネルギーは大切に使おうというきっかけになりやすい。

 「重機も洗う」↓

夕方この後、仔山羊の除角(じょかく)があったが、取材できなかった。

ふれあいに「角(つの)」は無いほうが良いので、取り除くことを除角といいます。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る