草刈まさお 君。   マジで。

2010.10.26
 「雨でカマとぎ」↓

雨が降ったらカマを研ぐ予定でした。予定通り研ごう。

本数が30本近くあったので、どんどん研ぐには・・・・

まず、カマ研ぎ用のグラインダーで荒っぽく研ぐ。

このグラインダーは、回転数が少ないのです。なぜなら・・・
 「鉄が焼けてしまってはダメ」↓

研ぐにもさっさとやらないと。  ちょっとゆっくり動かしたら、刃先が少し焼けた。(わかりにくいか?)

焼けると、モロくなってしまう。

この後砥石でシュリシュリして、拭いてから最後にキンチョールを吹きかけておいた。

これでさびないのだ。
 「サツマイモホリ」↓

子供さんが掘って、芋ほりは見てるだけの予定だったお父さんもお母さんも・・・

いつの間にか熱くなった!  芋ほりには素敵な魅力がありますね♪

 「掘れたよ!」↓

芋ほりも後半に入ったら、大きさが増したように感じます♪

 「通りがかりで・・・」↓

芋ほりが終わってもどってきたら、ちょうど  あの  きりかぶメープルパンが焼けたところだった。

まきば館はいい香りに包まれていたのです!

 「これすごい人気。おいしいから♪」↓

パンは焼き立てで熱いうちに袋に入れると、袋の内側に水滴についてしまう。

このパンは土日だと、冷ましているうちにみんな売れてしまうほどの人気と美味しさ。

私も大好きなのです。
 「これが」↓

草刈機 MASAO。(正式名称)

馬の前を通る際に土屋君が撮ってくれました。
 「草刈り前」↓

 「3分後」↓  ちょっと分かりにくい構図ですが・・・

早い。

背の高い草も、バラバラにして散らしてしまう。

これはものすごい機械なのです。
 「マキワリ」↓

今日は私も加わってマキワリ。

無心で木の中心を狙い、オノを振り下ろす。集中する・・・。

「マキワリ」を大人向けの体験で開催できれば、得るものが多いと思われますが、危険すぎてNGだわな。

泊まりで受け入れている施設のプログラムならいいかもしれないが。
 「花畑」↓

コスモスがふわりと咲き始めています。一面のコマツナの葉も、緑のじゅうたんで彩りを。

※来年、世界の気候が今年の様におかしかったら、食べ物の値段がとんでもないことになりそうです。
 日本は穀物争奪戦に負けつつあります。
 今年高騰しなかったのは、アメリカなどに備蓄が多かったから。来年にはその量の備蓄はありません。
 異常気象が毎年になっています。もう異常気象とはいえないかもしれません。
 食料危機は目前です。
 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)やFTA(自由貿易協定)を締結すれば、
 日本の農業は壊滅です。
 (農水省の発表では自給率が40%から14%まで下がると試算されていました)
 その数字がどこまで正確かは置いておいて、いったんは安い海外製品が流れ込み、
 価格が下がるかもしれません。
 そして農業畜産が立ち直れないほど壊滅してから、値段が跳ね上がるでしょう。
 いち早く締結した韓国では養豚が3分の1廃業になりました。
 そのお隣の日本でいま同じ道を歩もうとしています。
 イマイチニュースでも取り上げません。
 農業はがけっぷち。落ちるか踏みとどまれるかという瀬戸際ですが、多くの人にはなぜか対岸の火事。
 日本は個人主義が進みすぎて、危機感が低すぎる感じがします。
 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る