農園お手伝い体験学習 

2009.04.04
3日は東京から牧場の仕事をお手伝い体験学習に

キョウタ君、ヒルマ君、ユキト君、サユキさんが来てくれました。

 「まずは挨拶から」↓

挨拶はすべての基本。 お手伝い体験のポイントは①怪我をしない ②怪我をさせない ③質問するの3つ。

遊び手伝いでなく、お仕事を手伝うと言う事で、多少の緊張感も必要です。

 「まずはペンキ塗りから」↓

GWに使う看板の下地塗り。気持ちのいい晴れの日でしたから、天気に合わせてする作業も変わります。

 「第2農場手入れ」↓

名前が大げさですが。レストラン前に植える用のコマツナの間引きやピーマンなどの種まき。

 「山の上の慰霊碑にて」↓

最近のラングラーの事もあり、お参りも目的の1つにしてくださっていました。

お線香を供えてお参り。作法よりも動物への感謝と慰霊の気持ちが大事だと思うのです。
「ジャガイモ畑に看板たて」↓

24組は定員イッパイ。この畑全面が植え付けから料理、食べるまでを体験するの「まきば農園」です。

 「今日のナノハナ摘み食べ」↓

お父さんが撮って下さったので、ワタシも初入り。ありがとうございます。

みんないい表情ですね~。

 「大釜で茹でます」↓

グラグラ沸いた焚き火の大ナベでさっと茹でます。生でもおいしいほどですから、短時間でOK。

 「ブンブン」↓

茹でたら水にさっとさらして、水を切る。そう言えば先日中身をブチまけたシーンがあったような・・

 「使ったお皿や箸を」↓

手伝うと言ってくれて、一緒に洗い物。自宅でもきっと手伝っているのでしょう!  きっと。

お手伝いも大切な「食育」の1つです。
 「細竹採り」↓

もうすぐトウモロコシの種まきがあります(18・19・25・26日の内、好きな日を選んで)。

細い竹は何かと使います。昨年も2人が手伝ってくれて採りました。

今年もお手伝いありがとうございます~っ!

夕方には動物の飼育もお手伝いできたようですね♪
※ところで土曜日の夜は雨で、日曜はあがるようですから、シイタケの収穫体験を

  日曜日11:30に予定しておきます。人数限定で、その人数は当日の朝、出具合を見て決めます。
  乳搾り会場11:30集合~でシイタケ収穫体験を始めます。日曜日。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る