金曜までシブヤでした。(モヤイ像がルパンに盗まれていた・・)

2009.12.18
 「油性ペンキの片付け方」↓

まず余ったペンキは固まる前に戻します。

シンナーで薄めただけならOK、他の色と混ぜたならダメ。

 「きれいな容器にシンナー用意」↓

さあ、どのぐらい減るでしょうか。

(ハケ一本と容器一つをきれいにします)

 「軽く拭く」↓

新聞紙等で軽く拭く。

(なるべくカンにもどしてから)

 「シンナーチョッピリがポイント」↓

換気のよいところで!ここが最大のポイント。

シンナーは勝手に染み込んでペンキを溶かし出してくれるので、

毛が吸って無くなるぐらいのシンナー(最大のポイント!)を吸わせてグシグシしてから紙に塗り付ける。

これを三回ぐらいすれば…

 「ハイ!綺麗になりました!」↓

指を突っ込んでも何もつかなくなればOK♪

 「使用はすこししか」↓

この程度しか減ってません!(上と比べてみましょう)

この方法を知らない人は、シンナーをタップリドップリ使います。 でも、

ハケは一週間後にはカチカチで・・・・・。→捨てる。

 「余ったシンナーはもちろん戻します」

よしよし。

 「あのお絵かきサイレージ」↓

看板もついて、バッチリです!

多くの方に見ていただきたいですね♪

「辻さんがみせてくれた物」↓

牛の歯。
二本がくっついたような形。草をすり潰すのに都合が良いのです。

たまたま抜けたらしいです。

 「そのまま牛の秘密も見せてくれて」↓

牛科は前歯の上がありません。(ちと見にくい?)

でも奥にはちゃんと上下にあり、草をすり潰します。

前歯は、写真で見えている歯しかありません。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る