錯視(さくし)とは?

2012.01.20
 「小麦畑」↑

カラカラ。でも小麦は強いですね。

多少乾いたほうが良く根が張るってもんです。水を求めて。

キャベツなどは極度の乾燥だと小ぶりになったりしますが。
 「にんにく畑」↓

こちらもまあ大丈夫な様子。冬の間でものすごく根が遠くまで伸びています。

掘りだして見せたいぐらいです。   (あ、別の畑のニンニクで1株掘って写真撮ってみるか)

 「エンドウマメ」↓

4月頃には収穫を始められるかな?毎年3月の菜の花摘み食べが終わったら、4月はレアモノ体験2種の

「タケノコ掘り」と「シイタケ収穫」だけで予定通りの収穫ができなかった。この2種は、無いときは無いのだ。

エンドウまめの「もぎすぐゆで食べ」がいつも開催できたら、いいよな~と思って、初めて植えています。

さて、この地域では何月何日から収穫を開始できるかな~。
 「丸も点もバラバラに書いてあるように見えますが・・・」↓

「点」は、じっくり見ても、バラバラに並んでいるように見えるが・・・・

 「○をはずすとこのように」↓

不思議~。錯覚ですね。

 「こんなものも」↓

「点」がテキトーに並んでいるように見えますが・・・・

 「カラーの○をとると・・・」↓

等距離のひし形に並んでいます。

 「中央の【丸】は両方とも同じ大きさ」↓

有名なものです。

 「ミュラー・リヤーも有名」↓

中央の棒の長さは同じ。  

富士川楽座さんに出かけた際の写真。他にもいろいろあって面白かったです~♪

情報ありがとうございます~♪

 「原子力発電での表現」↓

通販生活さん。歯に衣(きぬ)きせない表現と企画が大好きです。

スポンサーがついてないってのは、物事を表現するのには重要なことですねー と大人の事情を感じます。

先日も「国歌斉唱不起立教師に対する罰則問題」でも、

朝○新聞では、「不起立教師はこんなに信念があって、世の流れに苦しめられています」という表現だったが、

他紙やネットでは「戒告はほぼ問題なし。配慮をすれば強権的ではない」と。

情報は、どの立場から発せられたかによって、全然違うものになるのだなあと感じました。

 「さ、来週だ!」↓

今週末のお天気は下り坂。

さて、いよいよ節分イベントの来週は?

コメントを残す

ブログ一覧に戻る