間伐(かんばつ)とは。

2014.03.09
本日ジャガイモ植え付けは、10時ふれあい学習館前にお越しくださいませ! (約1時間半ほどの農作業です)
 「ヤギの郵便屋さん」↓

ヤギの郵便屋さん。これは、皆様の手紙を書く楽しさと喜びをお手伝いしたいのです。

受け取る相手の事を考えながら、字や絵を描く。

メール等が多くなった今だからこそ、心がホッとなる「手紙」をサポート。

そのハガキは・・・

 「場内の木を間伐」↓

間伐とは「木の間引き」。 植えた杉やヒノキは放っておくと、混みすぎて細いものばかりになってしまいます。

間伐することで、林内に適度に光が入り、下草もある程度生え、生物相も薄くなりにくい。

ギュウギュウの林では、林内が暗すぎて雨などで表土が失われやすく、根が浮いたりもしやすい。
 「ギュウギュウの林」↓

間伐をしていないと、ちょっとの台風などでバタバタ倒れたりもする。木も太くなれない。

でも・・・

植えた時には、戦後の山持ちさんが、将来の子孫の為にとセッセと植えた苗木ばかり。

でも今は、切り倒して売りに出しても、切り倒して運び出す手間賃の方が高いことが普通。

だから、日本中の林が荒廃している様子は、先人たちにはとても見せられない・・

間伐材を上手く利用することは、事前環境の保全にも役立つ。

ヤギの郵便屋さんは、そんなことを知る機会にもしたいのです。
 「雪が」↓

ずいぶん溶けてきた雪。  でもまだ結構ある。

いつ溶け切るのだろうか。
 「英語」↓

夜のミーティングの最中に、白人の方が道を尋ねていらっしゃいました。

ナカムラお姉さんが流暢な英語でお話し。  支配人との連携で、見事に問題解決。

皆が「カ・・・カッコイイ・・・」と・・・    
 「ジャガイモ畑」↓

キムラお兄さんのまきば農園、いよいよ始動!

本日10時、ジャガイモ植え付け開始!

 「椎茸狩り」↓

今年初のシイタケ狩り開催!

まずは自分でもぎまして・・
 「たき火で焼く!」↓

串に刺して、たき火で焼いて、お醤油で♪  

なんていいかおり!  

露地栽培なので、自然に任せた生え方。  なかなか予定通りに生えてきませんが、

週炊く体験や、農家屋さん、マルシェ販売などで、多くの方に味(旬)を楽しんでいただきたい!

コメントを残す

ブログ一覧に戻る