除雪の1日が続く。

2014.02.11
 「風が強かったのだな」↓

山の上の慰霊碑。碑の周りだけ、誰かが雪かきしたようになっていた。

いかに風の強い吹雪だったかをものがたっている。

 「ツワモノだな・・・ 大丈夫だったのか?」↓

花畑にソリの跡・・・。   結構急斜面&下はそのまま通過して落ちる地形。

だい・・じょう・・・ぶ・・・  だったのかな?
 「塩カル」↓

塩カルを他施設に分けて頂き、初めて使って見る。

雪の多い地域では普通に使うものですが、ここでは初めて。   牧場ではそれほど雪は少ない。
 「おお」↓

まいたら・・・   おお、溶ける溶ける。

まいた部分が、まずツブツブに穴があいて溶けてゆく。

こんなに効果があるんだー。

 「重機で」↓

月曜日は曇りの中、雪かき。  スコップを使うスタッフはクタクタ、重機のスタッフはガタガタ。

曇りで寒い日でした。
 「ドドサ」↓

場内では困る部分の雪は外へ運ぶ。

 「お疲れさん」↓

重機もメンテナンス。  グリースをさす。  2日間ずいぶん使った。

 「成果」↓

中央通路に厚く積もった雪はほとんど片づいた。  なにせ、火曜日は祝日なのだから。

月曜日中にある程度にしなくてはならない。
 「製作中・・」↓

大量の雪! とくれば・・・   かまくら!

入口にかまくら製作中の図。
 「完成」↓

これは写真撮影に人気が出そうだ!   何よりの季節のディスプレイですな♪

 「作品」↓

ん。牧場ですな。

 「哺乳」↓

現在仔羊は6頭。最後の双子の片方だけはミルクを飲むのが上手でない。

ミルクをもらっていると、飲むのが上手なもう1頭は「飲める?飲める?手本見せようか?僕が飲んだげる」。

と横から飲もうとする。

いいから。  見てなさい。

 「雪がチラチラ」↓

寒い。  ガタガタした。

 「練習」↓

雪景色の中を馬で歩く。何があっても驚かない馬を育てるには・・・慣れだ。 慣れ。

何でも練習。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る