雨で半日ギンナンまみれ。

2014.10.23
 「秋植えのじゃがいもをお世話する」↓

追肥しながら、雑草を埋めつつ土寄せ。機械で走った後は、株もとに丁寧にかけてゆく。

雑草全滅じゃ♪
 「大豆畑の片づけ」↓

枝豆の収穫をした畑を片付ける。最近畑仕事をする時間がなかなか確保しにくくて。

畑は待ってくれないので、小雨ぐらいなら関係なく作業。

 「道具を洗う」↓

除草用の、表土を削る道具。これはジャガイモの株元に土をパッパとかけるのにも重宝する。

葉を埋めないようにしながら、立ったままの姿勢で、株もとに土をかける。スイスイ作業が進んだ。ありがたい。

 「ギンナン処理」↓

コンテナに半分ほどの量を一回に処理する。最初はヒタヒタに水を入れて、ミキサーでかき回す。(果肉をとる)

陶芸で使っている攪拌機で、「アジテーター」というそうです。

ギンナンの殻を壊さないが、果肉はすっとぶ、ちょうどいい具合。
 「ドロドロの上澄みを何度も捨てる」↓

中身がぐるぐる回るように水を勢いよく入れ、数秒おいてから上澄みを捨てる。

これを何度も繰り返すと・・
 「重いものばかりになります」↓

種と葉柄ばかりに見えますが、この下には石や砂がたっぷりあるのです。

 「出しながら分けてゆく」↓

大きいゴミと石を取り除きながら、種だけにしてゆく。

これをよく乾かしたら、たき火焼きで提供する「焼きギンナン」の準備が整います。

今日も雨だからすっきり乾かすのは無理だな・・・(ゆっくりしてるとカビが生えてくるので注意)

 「キリ」↓

夕方だけ、霧がでて辺りを包む。

この霧が多いので、この地域はトマトには向かない。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る