雨の中、ラッカセイを山のように掘る

2011.09.27
 「有機栽培師匠の畑がメチャメチャ」↓

有機栽培についてすべてを教えてくださったのは、ドラゴンファームの龍田さん。

月曜日午前中は稲わらをもらいに、トラックで出かけました。

・・・・!   台風でハウスがエライコトに・・!  

 「中」↓

ああ・・。 あの素晴らしいミズナやトマトが生み出された大きなハウスが・・・!

台風が憎い・・・。
 「途中で」↓

川沿いの道路が、増水でえぐられて崩落していた。

未曾有の大雨でしたが、これからはこんなことがどんどん増えてくるのですね。

日本は、緯度や高度によって多くの気候帯が含まれますが、多くの部分が「温帯」でした。

でも「亜熱帯」部分が下からジリジリとあがってきています。

本来、日本にはなかった「スコール状態の雨」が今後増えてくるのは間違いありません。

先日の大雨で、100万人に避難勧告が出された名古屋市は、前回の「東海豪雨」で死者が出たことを教訓にして

今回はすばやく避難勧告を出したのです。  混乱を承知で。

様々な災害計画を見直さざるを得ない時期に来ています。

家族内でも、避難場所や備蓄物、連絡奉納など話し合っておいたほうが良さそうです。

 「地下道」↓

場内の水道(みずみち)が大雨で変わり、いまだに水が沸きっぱなし。

お陰で地下道的なトンネルが、川になったまんま。

そこでぬれずに歩けるように、このようにしてみました。
 「山のようなラッカセイ」↓

4人がかりで30分、雨の中ラッカセイを山のように掘りました。

これは、畑(土地)を貸してくださっているお隣施設、YMCAさんに御礼としてゆでラッカセイをお届けする為。

冷凍すれば長持ちしますしね。
 「カラスがいっぱい」↓

午後、冠雪した富士山を写真とろうと思ったら、カラスがイッパイ飛んでいた。

カラス仲間の中で、ラッカセイを引き抜いて食べるのがはやると困るのですが、今のところ特に被害なし。

種まきから挑戦されている方々の畑は、ゆでラッカセイにするだけでなく、種やポリポリピーナッツにする為に

残してある株があるので、そこを襲ってくれるなよ。
 「解体中」↓

ソーラーシャボンダマシーン、夏前からよく頑張ってくれました。

大変多くの方に楽しんで頂けて、作ったカイがありました。

シャボン玉発生部分は昨年スタッフのエンドウさんが作り、今年、ソーラーと移動式に私が改良。合作です♪
 「冠雪の富士山」↓

美しい・・・

 「お隣のYMCAさん」↓

ゆでラッカセイをお届けしたら、ちょうど福島県の子供さんたちが今日から3日間見えておりました。

施設の方も、ちょうどいい郷土料理だから、福島の子達にも食べてもらおう♪  と♪♪

 ちょうどよかった♪♪♪   

美味しすぎて、食べすぎ必至ですけどね!

ラッカセイ掘り今度の土曜日までは確実にあります!日曜日は人数制限するかも・・・

とにかく、畑になくなったらオシマイなのです。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る