頼もしい助っ人と、1日中サツマイモマルチを張りまくり。

2015.06.23
「5年後の馬飼野牧場をイメージしながら」↓

月曜日の朝は、馬飼野社長と場内を回る。

※アンパンマンとかが走り回っているところは、今年夏は半分が水の広場となることに決定。
 「アワフキムシ①」↓

草むらにアワ。   「なんですかこれ?」とよく聞かれます。

これは、セミやカメムシの仲間「アワフキムシ」の幼虫がいるアワ。

他の生き物に襲われることなく、口を植物に刺して栄養を吸う。まさにスイートルーム。
 「このぐらいの大きさです」↓

幼虫が小さいうちは、赤と黒のカラーリングですが、アワ生活時代が終わるころにはこの色↑になり、

羽が生えて飛んでいきます。

 「ブルーム」↓

竹林の、若い竹には良く落書きされている。  (なぜか「ジョージデブ」って書いてあった)

植物は、身を守るために白い粉を出すものがあります。キュウリもそうだし、若い竹もそう。

この粉は「ブルーム」とよばれ、野菜などでは農薬っぽくてイメージがいまいちという事で粉の出ない

「ブルームレス」の品種も多いです。
 「ビロードモウズイカ」↓

駐車場の隅に咲き始めた野草、「ビロードモウズイカ(ビロード毛髄花)」。

ビロードのようなミッシリ毛(モウ)の生えた葉、髄(ずい)がググンと伸びた様子。

ピッタリな名前だと思います。

 「こんなもの載せるなと」↓

フンアップ。    場内の落し物。  

他にもあったので、ナワバリを示す意味の様子。   誰のものかわからないが、野生動物の物。

まさにフィールドサイン。

 「マルチを張りまくる」↓

サツマイモのマルチを張りまくる。ファクトリーのイモトお姉さんがお休みにもかかわらず

「何か農園でお手伝いさせてもらえません?」と申し出てくれて、朝から1日汗を流す。

朝1番は小麦の脱穀続きでゴミを飛ばし、広げて乾燥から。

 「ロープワークの一つ」↓

畑で使うヒモ。まき方も決まっていて、8の字でまいてゆく。

ねじれが発生しない、早く巻けて、次回使うときも使いやすい方法でまいてゆく。

 「中央通路に柱が立つ」↓

この下でアイスクリーム作りを涼しくできるように!  寒冷紗を張ります。

 「麦」↓

乾燥中の小麦です。   毎日乾燥して、水分含有率を10%いかにしてから、ゴミをよく飛ばし

製粉屋さんにお願いするのです。   

※7月12日にはうどん作りをしましょうね!(10時から食の体験工房にて)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る