風で倒れたトウモロコシ5000本を直す。

2014.07.12
「ビッグ・ノコギリクワガタ」↓

台風が過ぎ去った朝、場内ででっかいノコギリクワガタ発見。

今年もよろしくね の気持ちで、近くのやぶに逃がしてあげた。 

さ、この夏は「森の宝石カブトムシをGET! カブトムシを捕まえるBトラップづくり教室」を開催!

※この週末、プレで13:15から開催いたします。乳しぼり会場前。
 「朝の富士山」↓

台風が過ぎた直後の富士山。ウールを乗っけたような、羊毛富士山が朝だけ登場。

 「倒れたトウモロコシ」↓

トウモロコシが全部倒れました。

富士山マルシェに野菜をもってきてくださった農家さんも「僕も帰ったら、トウモロコシ起こしだよ。

風が吹くと倒れるね~」と。

倒れたままでも放置しておけば勝手に起き上がるよという声も聞いたことがありますが、実が入ったものが

倒れていると、地面からナメクジ等が上がってきたりするし、なによりも収穫体験時に畑に入れない。
 「直し途中」↓

1本づつ、起こしては、土を根元にかけて、ドンと踏んで立ててゆく。

(写真は左半分が立て終わり、右がまだ)
 「みんなの畑」

トウモロコシの畑をお持ちの方は、19・20・26・27日に収穫すぐ食べを6:30と10:00で

開催いたします! 育成具合を見ますと、全体的には後半の26・27日がおすすめですが、畑によって

バラツキあり。

※詳細の一斉メールを本日お送りいたします。

 「放っておくと」↓

倒れたままにしておくと、半日もたたずにどんどん曲がってしまいます。

あまり反ると、立ててもまっすぐ立たない。 早く立ててあげなければいけないのです。

 「梅ジュース作り」↓

今日明日の週末が、今年最後の週末開催!

13:30乳しぼり会場にて受付です。

 「夕方の富士山」↓

山頂に少し雪も見える富士山。

日中は、厚い雲でぜんぜん見えませんでした。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る