11:30は「キュウリもぎたべ」と「枝豆収穫ゆでたべ」を同時に開催。

2015.08.31
 「テデトールでヤマモーリ」↓

キュウリの葉っぱを喰うヤツをポイポイしまくる。

これは・・・・タメルトキモーイ。           とでも名付けるか・・・(|||°Д°)      
 「ソバ」↓

左の列が、株もとに土寄せして雑草を埋めた方。 右がまだの方。

このタイミングで根元の雑草を埋めておくと、それだけで刈り取り時の苦労がものすごく違う!

 「同時開催!」↓

日曜日でありながら、土砂降り決定。  12:30の自然ガイドは参加が無いだろうと見越し・・

10:00過ぎからの大根白菜種まき後の11:30、きゅうりもぎたべと枝豆収穫を同時開催する。

事前に「たき火お湯わかし」と「氷水準備」をしておけば、同時開催可能。(12:30にガイドがあると無理)

ってことで、しばらくは土日、同時開催でいきまっす!

 「ソバのお世話も頑張りました」↓

Fさん達、雨の中おそばのお世話や収穫を楽しめました。  

カッパに長靴、気合が違いますな!
 「枝豆収穫!」↓

まずはひっこぬく!    1袋で4株分引っこ抜いて、ぶちぶち採って袋に入れる。

枝豆がどんなふうになっているか、話で聞いてもピンと来ないが、やってみると実によくわかる。
 「枝豆って、「大豆の実」の「若い時期だけ」をそう呼びます」↓

農薬は一切使用せず育ててきた大豆。  枝豆収穫は今だけの体験です。

(シルバーウィークまでに、甘さが下がってきたら収穫は終了といたします。23日までできるかな!?)
 「洗ってすぐゆで」↓

一般的には塩でゴリゴリしてから洗うのが推奨されておりますが、缶に水を入れて洗うだけで、

濃い塩水ですぐにゆでる。塩味はこれでOK。 簡単だ。

※土日には150名を超えるほどの人気体験。スムーズに体験しやすい環境を整えることに尽力する。

 「すぐたべ!」↓

収穫してすぐをゆでた人だけ味わえる、甘みと香り。

雨が降っていたので、食の体験工房の屋根下をお借りする。

テーブルには、白い厚紙を敷いて、トレー代わりに。  この紙は・・・

 「売店でいっぱい出る紙」↓

下に敷く白い厚紙は、売店で使っている保冷材の底紙。きれいですが、使い道がなくたまりにたまって

いるだけだった。これは良い活用法を思いついたわい。   他にも何かありそうだが。

 「素晴らしい夜①」↓

夜。動物担当のスタッフと、食の体験工房のスタッフが急きょ集まってミーティング。

テーマは「食育」について。

※食の体験工房スタッフの中から声が上がって、急遽開催となったそうな♪

 「素晴らしい夜②」↓

ミーティング終了後も、盛り上がりを見せた。

動物を飼育しているスタッフの熱い思いが、食の体験工房スタッフにも伝わり・・・

今後の「食の体験教室」、より熱い思いが加わりそうです。    

コメントを残す

ブログ一覧に戻る