~速報!~ 今朝(1月24日・土曜日)今年最初の子羊誕生💛 

2015.01.24
 「木を切る」↓

木を切る作業継続中・・・。  イチョウだからって、ズバンズバン切る。

昔、杠(ユズリハ)は強剪定で枯れたのを見ました。  ※杠は剪定に弱い

樹種によって、剪定に弱いものもあるので注意が必要です。
 「その下では」↓

落ち葉のプール終了! 季節は巡るのを感じます。

 「コンニャクを作ります」↓

昨年植えたコンニャク芋、2年たったものを植え、最後の1年を牧場で育てます。

まず、洗ってから切って重さをはかった後、すりおろして50度のお湯でミキサーへ。
※まだこんにゃくを作られていない方はこれから~♪

 「ねる!」↓

「のりかき」と呼ばれる、練る作業。

しっかり練れば、弾力が出て、良く練らないで作れば、歯切れの良いものになります。

練り具合で、出来上がりの調節にもなります。

 「ここがポイント」↓

普通、コンニャク作りには「Pソーダ」を使いますが、自然に近いものを使って作りたいことと、

コンニャク臭をあまり出さないことで、貝殻焼成カルシウム(貝殻を焼いた灰)を使って作ります。

これを混ぜ込む瞬間が、一番のキモ。タラタラ混ぜていると大失敗につながります。

混ぜすぎもダメ。  約1分以内に全体になじませられるかどうかがカギです。

 「できました!」↓

固まったものを厚めのハンバーグ状にまとめて、40分程ゆでて完成です。

まずはお刺身コンニャクを味わっていただきました♪

おいしい!!
 「その合間に」↓

コンニャク作りは、寝かせる時間やゆでる時間があります。その間に、週末の燻製用食材の準備。

チーズを切ってくるんでゆく。

 「ツルっ」↓

ゆで卵、先に消毒したハリでチョビッとカラを刺しておくと、ツルンツルンとカラがむけます♪

この方法を知る前は、20個殻をむくのに40分ぐらいかかるうえにボロボロになっていたが、

今は4分ぐらいでピカピカのゆで卵の山が。 先人の知恵に感謝。

 「木の枝の山」↓

枝いっぱい。この分は、この日のうちに片付けられました。

 「今年最初の子羊誕生!!」↓

6:50頃、ミツイお兄さんから写メールと共に速報が入りました。

今年最初の子羊誕生です!!  (オスでした)

2月末ぐらいまで、運がいいと生まれる瞬間に立ち会えることもあるでしょう。

しばらくは羊の家から目が離せませんっ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る