この土日はにぎわいますよ!「シイタケ」キターッ!!

2016.03.12

さて、この土日は、最後のジャガイモ植え付け+シイタケもぎ焼き食べ+菜の花摘みたべと賑わいますヨ!

※燻製作りもうやらない~

P3111372雪が・・

金曜日、何度も雪がちらつき、さむ~い1日になりました。(積もることはないです。もちろん道路も問題なし)

P3111375雪が・・

おばあちゃんポニーのジルちゃん。「あら~、外は寒いわねー」と小屋からちらりと顔を出す。

ヨシダお兄さんのつくってくれた壁のおかげで中はずいぶんあったかい♪

P3111373仙人トコで

遊具のソノベ仙人。最近「イモ焼き仙人」の称号も手に入れ、マキの準備に余念がない。

チェーンソーを研いで、私も応援する。 週末は1日に100本の紅はるか(超甘い芋の品種)を焼きあげますが4時前までにはいつも必ず完売しちゃいます。

たき火で焼きあげるのに1時間半ほどかかりますので、それ以上焼くのは難しい。(というか、一人で受付もしながら100本焼きあげられる人は今までいなかった。)

P3111374YMCAさん

お隣の施設、YMCAさん。スタッフさんがお一人交代するという事で、ご挨拶に見えました。

今年も双方で協力しながら様々なプロジェクトが進行します。

P3111376トラクターの整備について

先日、定休日の中で、整備プロを呼んでの「整備講習会」を行いました。

お休みの日だったのに,「自分の時間を使ってでも整備を学びたい」という3名が生徒として受講。

何のお仕事でもそうですが、

仕事は「生きるためのお金をもらう為にする」だけではなく、「自分と周りのために学んで成長しよう」と捉えられると、人生の幅も広がるというモノではないでしょうか。

長年勤めるものとしては、そんな気持ちを応援したい。

 

P3111377蹄鉄お手入れ中

使用後の蹄鉄は販売されますが、1か月に1回しか出ません。(1か月に出る蹄鉄本数=頭数×肢の数4本)

さらに、外してから次の装蹄までの1か月間は落鉄(蹄鉄が外れて落ちる事)対策として、保管しておく必要もある。

販売する蹄鉄は、このように↑削って、表面にさび止めを塗って乾かしてから、各馬のブロマイドやご案内を添えながら販売。

数が決まっているので、特に誰のものかわかる表記をした蹄鉄はなくなり次第終了。完売したら次の生産までありません。

無くなったからと言って仕入れはできませんから、そういうものです。

P3111379シイタケムクムク!!

きた~!シイタケが出まくり!今日(土曜日)は11:30と、13:30の菜の花摘みたべ後にもう1回開催。つまり2回開催しちゃいます!

シイタケもぎ焼き食べは1家族50円からご参加いただけます♪

P3111378顔が・・

金曜夕方、シイタケのほだ木を並べる最後の作業をしていたら、ヨシダお兄さんが通りがかって、シイタケについての質問を。

ちょうどいいので、シイタケを採りおわった木がどうなるかを、触らせて学んでもらう。(その瞬間の1枚↑)

硬かった木が、まるでスポンジの様に! 木が分解されながら、そのエネルギーでキノコが生えるのです。

おう、うまそう💛

おいしそうだったので掲載~。

POPのクオリティもハンパねぇな♪

※このクオリティのPOPは普通には絶対に作れない。プロの技術と経験を感じます。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る