11月3日に撮影があり、その下見に。(本日は、恐怖写真が含まれております)

2015.10.29
 「朝だけはきれいに」↓

今朝までの雨は、山頂では雪。 頂を白く染めた美しい富士山が、朝のうちだけ眺められました。

 「ソバ乾燥中」↓

11月1日、今度の日曜日に、みんなで脱穀するソバ!  脱穀は羊の家で10時から行います~♪

電動&足ふみ式の脱穀機(器)と、手回し唐箕(とうみ)が大活躍します。

 「下見」↓

「てれしず~♪」でおなじみのテレビ静岡さん。今度の火曜日11月3日(祝)は[たき火でバームクーヘン作り]と

乳しぼりの撮影があります。放映は11月10日あたりですが、放映範囲は東海地方を中心に7県ほどの広範囲。

その下見に来てくださいました。   

(ついでに11月中開催のワインチーズソーセージフェアや、お正月・どんど焼き・節分もプッシュしておくw)
 「サツマイモ堀り毎日開催中!」↓

サツマイモ堀り・・・毎日13:30ですが、木曜・土曜日は11:30も開催しちゃおう。

 「お、こんなところにスミレが」↓

遊具のトランポリン横。根元に、小さな小さなスミレが咲いているのを発見。ちょっと嬉しくなった。

こんな時期に咲くんだぁ。  種をつけるまで、頑張れよ。

 「ヒィ」↓

ハロウィンだから・・・ね。       (|||;´Д`)ヒィッ

 「カキ」↓

カキの収穫体験、シブの抜き方までご指導いたします。週末のみ開催!

カラスに喰われ始めている・・・
 「放射能は誰も責任を取らないどころか、「子供」で復興をアピールするなんてひどい!」↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151028-00010000-jisin-soci
テレビラジオも皆同様。 嘘ばかり流し、真実は隠されています。

自衛するしかないのです。

その自衛策
①ミネラルを豊富に摂る
     小魚・ナッツ・ゴマ・だしなどを摂る
     穀物のミネラル不足の主原因は、主食のコメや小麦から胚芽を取りのぞいて、白米や小麦粉にして
     食べていること。白米は、栄養を捨ててできています。玄米や、それに近いとミネラルたっぷり。

②放射能を避ける
     小魚:汚染が進む北大西洋は避け、日本海・瀬戸内海・東シナ海でとれたものを選びましょう。 
     ナッツ・ゴマ:輸入品が多いので、放射能の心配はありません。クルミは福島周辺県は避けましょう。
     米:安すぎるコメは、放射能汚染米の可能性が高くなります。どこも引き取らないコメが業務用に
       使われる例は実は大変多いのです。「どこ産」か表示していない米は避けたいところです。
    キノコ:関東から岩手までの野生のキノコは一生たべてはいけません。屋内菌床栽培のマイタケ
        ですら、セシウムが20ベクレル/㎏を超えたものがあり、数ベクレルはほとんど含まれる。
        菌床に用いたおがくずが原因です。
                         参考資料「食品と暮らしの安全」№316

放射能は、目に見えません。遺伝子や体が、中から壊される被害等が、ゆっくりと出てきます。
それだけに、「そんなこと気にしていたら何にも食べられないや」と思いがちです。
原子力発電にかかわる人たちのねらいは、まさにそれ。
被害に気づいてからでは遅いのです。
自分で、正しいと思える情報を手に入れ、取捨選択・行動するしかありません。
せめて、子供たちだけでも放射能の影響を減らしたい。  そんな思いでいっぱいです。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る