2日連続牧場定休日、前半は来季の方向性を共有する「方針説明会」

2015.02.26
「方針説明会は表彰から」↓

会社の来季の方向性を共有する、大切な1日。「方針説明会」。

あえて、休暇村富士 様の施設をお借りし開催。

※功労部門では、なんと初の「営繕部門」が受賞。営繕みんなで受賞されたのですが、ウエダさんの功績は
 大きい。(と勝手に思ってます)

 「お昼前には」↓

作文朗読。  お題は「私とまかいの牧場」。ホサカお兄さんとナカムラお姉さんが登場。

みんなホッコリした気持ちになりました💛

※方針説明会中の写真一切撮ってなかった!(ビデオ係だったもので、写真撮りは油断していた・・)

 「トイレで」↓

ほう・・富士市製の・・・・抗菌タイプのトイレットペーパーか・・・ワサビ・・・   

・・・黄門様にキビしそうな印象だ・・・・        (誤字含む)

ツッコミたい部分満載だ。

「ホースラディッシュ」が、「西洋わさび」の事って、知っている日本人はそんなに多くはないような。

一番でっかく書いてあるタイトルを読んでも、ピンとこないのではないかな?という話。

外人さんでは読みにくいだろうし、読まないだろう。(WASABIって書いてあるな。小さく)

それをカタカナで書かれても、誰に向かって表示しているのか・・  ・・でもまあ日本人向けか。

※以前、北海道に行った際、トイレで使用されていたトイレットペーパーは富士市で作られたものだった。
 富士市の製紙工場は、全国に出荷されるほどの規模なのだなあと、ちょっと嬉しくなったっけ。
 「接客コンテスト」↓

接客コンテストは、今回初開催の企画。

社外のプロの方や社長等の採点・判定により、3名の受賞者が決まる。

15名のスタッフが、各々の自部署での接客状態を模した会場で、接客っぷりを競う。

※私も出ましたが、賞を逃す。(オソラク、ホボ一人コント状態デ、接客ニナッテナカッタカラデハナイカ)

 「受賞者」↓

上位入賞者はこちらの3名。素敵な笑顔と、相手の立場に立った、おもてなしの振る舞いができたかどうか

が大きなポイント。

優勝はサイトウお姉さん!  おめでとうございますゥ!

 「休暇村富士さん」↓

階段から望む。富士山は見えない。

手前の木がズッバズバに切ってあった。作業、大変だったろうなあと・・思う。

 
 「目指す状態」↓

スタッフみんなが目指すべきなのは、一番上の状態。

期待を越えた感動を提供できるかどうか。そのためには、いつもそれを念頭に置いていないとできません。

牧場スタッフは、裏から表(お客様の目に触れる場所)に出たら、舞台と一緒だと思わねばならない。

スーパーさんだって、表から裏に出入りする扉で、お辞儀してから通過する光景もいまどき珍しくない。

そのくらいの気持ちで私たちもおもてなしに臨むべきです。

楽しみと癒しを提供する、「接客のプロ」を目指しているのだから。  

(それを制度化・風土化するのが私のオシゴトかな・・・)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る