2015年度が始まりましたね!本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

2015.04.01
日本では、普通、会社の1年間の区切りは3月と4月の間。

これは日本の公共機関における会計年度が4月- 3月制であるため。

4月-3月制の導入は、採用当時(明治17年)の主要税目だった地租徴収に最も好都合であったためとされています。

(それ以前は7月 – 6月制だった)。

※ところで話はちょっと変わりますが、学校の年度の区切りは4月1日と4月2日の間。
 学年の「早生まれ」の区切りの話です。
 これは【「満年齢」が増えるのは誕生日の前日である】という、民法の規定によるからです。
 例えば「4月1日生まれた子」の場合、満1歳になるのは「翌年の3月31日」なのです。
 小学校に入学するのも、満6歳になった後の最初の4月1日ですから、3月31日に満6歳となる4月1日生まれの人も該当しますので、
 いわゆる早生まれとなります。
 ま、ゴチャゴチャ書きましたが、今日生まれた子は、その学年で最も小さい(生まれて最も過ごした日が短い)人になるってコトですね。

 「年輪から歴史を感じる」↓

枯れてきて、倒壊の危険があったネムノキを倒して処理しました。

年輪を数えてみると・・約35。ここで35年も牧場を見守ってきた歴史を倒してしまったのだな・・と感じました。申し訳ない。

 「高圧洗浄機の使い方」↓

屋根洗浄のため、高圧洗浄機の使い方を教える。

 「錯視」↓

食の体験の椅子をちょっと借りました。(この時だけね)

やや。下の方が大きく見える。

見た目で「脳」が間違えて認識する「錯視(さくし)」ってやつだな。

 
 「このように同じ大きさです」↓

この、曲線四角を並べる向きで起きる錯視を、「ジャストロー錯視」といいます。

 「うれしや」↓

鹿型カメラ台の写真を撮っている方発見。「お、これはいいぞ、自分もやってみよう」と言う方でないと、

写真なんかとらないだろう。(決めつけ・・)      ちょっとうれしい♪

 「ひそかなる穴場」↓

まかいの牧場で、ここだけ唯一、ジュース自販機が安い。

それは、ミルク工房・お菓子工房・パン工房が1つになった新工場「FACTORY」の前の自動販売機。

(スタッフしか役に立たん情報だな・・)
 「ぐおお。男はやっぱりダメなのか・・」↓

ワイヤーアートの動物たち。  これを見て感動した私。

新体験教室誕生の予感!? っと思って、いろんなスタッフに見せて・・・・分かった。

ピンときた少数のスタッフは全員男性。  

女子で「えっ、すごーい!」と言った人はわずか。大半の女子の反応は、良くても「へー」くらい・・・・

・・・体験教室化、頓挫(とんざ)。

きっと体験教室をスタートさせたとしても、数カ月で中止になっていたような気がする。  

  結論。 極論。  →   「女子(女子力の高い人)に判断を仰ぐことは、正解への近道」  だ。     と思う。

 「これはいけない」↓

どぶのふたがちょっとズレて、隙間が。  これはいけない。

→  ①すぐなおす  ②続けてなるようなら、ならないように解決する        これが大切。

 「電動戦隊アンパンジャー」↓

並んでてカッコよかったので撮影。

電動戦隊! アンパンジャー!              (「コイン戦隊」じゃかっこわるいもんな)

 「新しいスイーツ」↓

まかいの牧場の観光の新お土産の一つに、「富士宮焼きそばケーキ」登場。

※味見してないので、これ以上書けません!            (よこせってワケじゃないよ)

コメントを残す

ブログ一覧に戻る