5S(ゴエス)委員会スタート!

2011.01.19
 「岡村お兄さん」↓

スノーチャペルを朝の運動。

長~いヒモは「調馬索(ちょうばさく)」という馬具の1つ。

ただまわしているだけのように見えますが、人と馬が対話をしながら運動しているのです。

人の姿勢、歩くコース、見る角度、長鞭の動かし具合、馬への声かけ、馬の様子の観察等・・。
 「ありがとう川島お兄さん」↓

急な事で本人も心配事が尽きないのですが、川島おにいさんのお仕事最後の日・・・・

まかいの牧場で1番涙もろいスタッフ、川島お兄さん。

多くの方々を愛した彼は、同じように多くの方に愛されました。

ある本に、「愛はかき集めるものでなく、水のように、周りに押し出そうとすると自然に自分の所に

より多くの愛になって還ってくるものだ」と書かれていたのを思い出しました。求めるより与えよか・・。

             川島さん、お疲れ様でした。
 「梅の剪定」↓

火曜日は、業者さん対応以外は梅の剪定に精を出す。

午後には馬飼野会長と一緒に剪定。

※またズボンが「パーン」と裂けて、手をパーにして入るほどの大穴が開いた・・・・
   どうなってんだ!このズボン(怒)!!
 パ○ツ丸見えだったけど、そんなことで山からいちいち下りる気も無かったのでそのまま・・・。
 あとでパートの方から「お尻が風邪引くよ!」といわれちゃいました。 
 「種のトーホクさん」↓

TV番組、「所さんの学校では教えてくれない」でおでん大根について出演し、

11~12月で全国各地で放映された反響で、種のトーホクさんに「あの『おでん大根』って種はあるかい?」と

問い合わせがすごく来たそうです。 それで営業の方がお礼に見えました。

牧場の新鮮野菜市場「富士山マルシェ」にトーホクさんの種のコーナーを置く相談もありました。
 「!」↓

お昼の時間、営繕さんの人たちがいるところに、なにやら ドデカイねずみがウロウロ・・・・

「!」

でっかい!!     ・・・・?・・・・・と思ったら・・・・       イタチだ!
  
15年間でこんなことは無かったなあと思ったら・・・・・

「チューッ!」という声と共に、すぐ横の棚の後ろから、僕らの足元を2つのカゲが走りぬける!!

おお! 

2秒後、隣の部屋で「チュキュ~」と声が聞こえ、どうやらネズミは捕らえられた様子。 いいぞ!

イタチの狩りの様子をナマで見られて少々興奮の私とウエダさん。

その10分後、写真↑の塩ビ管にサッと入るところを目撃。 ここに住んでいるのか~。

ネズミならいいけど、モルモットやウサギを襲われても困るなあ。(ここは動物からすごく離れている)

※昔話ですが、私が牧場で動物を担当していた頃にそんな事件がありました。
 ニワトリやウサギがイタチに襲われると、首の後ろを噛み切って血をすってしまう様な殺し方をします。 
 そんな事も一応、後輩に伝えておいた方がいいかな。
 「最強なシモバシラ」↓

ハンモックの森の少し奥は、光があまり当たらない。

地面の草が、シモバシラで持ち上がりすぎて、裂けている・・・!

その持ち上がり具合は、すごいところでは15センチ程も!!
 「踏み込んでみた」↓  ※下を向いて、自分の足を撮影

うお、足首を越えるところまでハマる!

危ないなあ。転びそう。  でも出来ることは無いなあ。広い範囲だし・・。

 「5S委員会、全社内に向けスタート!」↓

5Sの基本は「モノを探す時間をゼロにする」。

手始めは、物を減らすことから始めるのだと学びました。

5Sのビフォアーアフターは先日見せてもらって、ワクワクしてました。

無駄を省いて、業務がいつでもスイスイ進んだら気持ちいいよなあ。

「やらされる」ではいったん片付いても元通り。「文化・風土」にまで高まれば継続が出来ると学びました。

さて、気合を入れてかからねば!
 「夕方」↓

タツタさん中心に、節分メンバーがモチベーション高く現場の下見と動きの確認などをしておりました。

今月29・30日(土日)の2日間は、まかいの牧場の『節分』が行われます! 

どんど焼き同様、こちらもあまりの迫力と楽しさに、参加人数は年々増加中!ありがとうございます!!

ココにしかない、ハチャメチャ迫力の節分は、13:00からここで!(両日とも)

 「後ろを振り向くと」↓

節分班ががんばる中、振り向くと きれいな月と富士山。

ココから撮ると、木が邪魔なんですよね。
 「新年会中の修行」↓

夜、まかいの牧場の新年会が開催されました。

新年会の最中でも、スタッフのウサミさんは片手でお皿をたくさん持つ練習をしていた。

熱心だねえ♪
 「狂喜乱舞を見てしまった・・・」↓

お名前ビンゴをしました。部署を超えて親睦を深める目的もあったので、そのやり方は参加者同士で自己紹介を

しまくって、その挨拶した相手の名前を25人分、自分の紙の5×5のマスに書く。

参加者全員(約70名ほど)の名前を書いた小さい紙の山の中から1枚引いて、書かれた名前を読み上げる

のを繰り返しながら進む「お名前ビンゴ」。

1番すごい品は・・・・なんと・・・・

32型のアクオス! 薄い 『大型テレビ』だったのだ!!   シャチョウスゲー ( ;゜д゜)=3 ハァ

品が全員分あったので、盛り上げる為に、TVだけは「最後までビンゴしなかった1名」に!

(いいものが最初になくなると、ダレまくりますから。その効果は絶大でしたヨ)

当てたスタッフは・・・・・狂喜乱舞とは・・・・・・・・・・ あの事・・・!

「それ以上ここに書けないほどの喜びよう」でした。  

コメントを残す

ブログ一覧に戻る