9月が始まりました。

2015.09.02
「クロスズメバチの巣を発見」↓

乳しぼり会場から西に20メートルほどの地点に、クロスズメバチの巣を発見。(地下に巣を作ります)

幼虫はおいしい山の幸として珍重されるクロスズメバチは、巣を探す方法がユニーク(と言うか大変)。

「1匹捕まえて、目立つように羽毛などをつけて放ち、走って追いかける」という方法で巣の位置を特定する。

ちなみに刺されると、熱く痛痒く、長いこと治らない。(ケイケンアリ)

甘い汁が好きなので、飲みかけのジュースの缶に入り込んでいることも。ゴミ箱などにもよく来る。

パッと見、少し大きめのハエにしか見えない。でも、もし、にぎっちゃったり、パチンとたたいて

指の隙間でたたき損ねると(私はコレ)、えらい目にあいます。
 「蛇のようなイモムシ」↓

どう見ても短めの蛇。  これは、ビロードスズメという、スズメガの幼虫。

食の体験工房前のテラスにいました。   すごい造形です。  何に対して効果があるのか・・・

 「防災訓練」↓

防災訓練は、地震発生→火災発生の想定で行いました。

その後、担架やAEDの使用法実地訓練。   自分のため、お客様のため、みな真剣です。

 「デモ人形も使用」↓

心臓マッサージやAED使用方法の学習。

何十年も消防の第1線で活躍されてきました、ウエマツおじさんの指導の下開催。

緊急事態はいつでも起こりえます。  巨大地震も来る確率100%。  いつ来ても良いように備える。

※ウチの家族内でも、すべてが壊滅する巨大地震が来た際に、どのように行動するべきかをもう一度話さなきゃ。
 「9月のものづくり工房」↓

感謝のフォトフレーム作り、なんと100円。   これは取材せねば。 (まだしてない)

 「晴れ間の芝生で・・・」↓

火曜日の天気は、バーッと晴天になった5分後ドシャ降り。 この繰り返し。  メチャクチャ。

そんな短い晴れ間に、芝生で蝶が変な動きをしていました。

止まった1匹の蝶(ツマグロヒョウモン)に、オスがにじり寄ってゆく・・・・

 「お、交尾でしたか」↓

羽の先が白いのがメス。   オスがメスに迫っていた。

交尾寸前のにじり寄り方が面白かった。  気を使うようでいて、大胆かつ乱暴な感じも。

チャンスは逃さない! という気概が伝わってきました。   

 「表示を出す」↓

瓶などのガラスは3R(リサイクル、リユース、リデュース)。

板ガラスが少し混じると、溶かして再生することが困難になってしまう。(埋め立てしかなくなる)

きちんと分別することは、環境負荷を減らすことに直結します。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る