9月1・2日は、食農体験「ヒマワリの種とり体験」開催

2012.08.31
※今日も写真が多いので、読みやすいように短い文を心がけます・・・
 「キクイモ」↓

キク科ですが、イモの名のつく「キクイモ」の畑。ものすごい伸びています。 11月ぐらいに収穫だ♪

もうすぐ花が咲きます。(頭を1回刈ったので、野生のものよりも花が咲くのが遅い)

 「キクイモの茎」↓

メチャふと! キクイモの「茎」というより「幹(みき)」って感じです。まるで木だ。

※草と木は、草本類(そうほんるい)と木本類(もくほんるい)と分けられ、種類として大きく違います。
 「朝の飼育体験」↓

朝8時からの特別飼育体験もあと3回開催して終了。(9月2日まで)

※スミマセン、キュウリを採って調理して販売までする「なりきり農家さん」は開店休業状態に・・
 怠慢申し訳ございません・・・
 「幻の秋どりトウモロコシの花」↓

7月にタネをまくという、時期ずらしに初挑戦中のトウモロコシ。花が咲き始めました。

このままいけば10月ぐらいに採れそうですが・・・・ 台風が来たら1発でメチャメチャだろうな・・

※雑誌「現代農業」にある程度の風対策が載っていたが・・。

 「製作中」↓

ちょっと面白いものを製作中~♪

乳しぼり会場と、馬の横のバードケージ辺りに出す予定です♪

 「ウシが・・立った~♪」↓

ここ数日、足の問題(?)で立てなくなってしまっていたホルスタイン。

ヌカヤおねえさん達の懸命な介護で、立てるようになっていた!!♪ 牧場では毎日色々な事があります。

 「下を向いてきたヒマワリ」↓

明日明後日の1・2日(土日)は、ヒマワリ搾油プロジェクト始動!

みんなでカマを使ってヒマワリを刈り取って、収穫します。お持ち帰りも可能~♪

 「ヒマワリの種を採ってみた」↓

乾燥はしていないが、もう結構大きい。 割ってみたら、なかなか良い種が入っていました。

※1・2日は「収穫」 8・9日は「種とり」 15・16・17日の3連休には目の前で「搾油体験」です♪
 「キュウリのもぎとり」↓

キュウリもぎは毎日11:30から開催中♪

 「採りたてで有機栽培だとアクがない」↓

採りたてのキュウリはアクが大変少なく、有機栽培なのでそれはよりいっそう良く分かります。

キュウリを食べない子がどんどん食べちゃうビックリが、毎日普通に起こる♪

自分で採って食べる。そこには聞いたり見たりしただけでは分からない「感動の味付け」があります。

 「クワガタだ!!!」↓

木の蹴り方をお教えして、お父さんがキック連発!!

「お!!おちてきたぞ!!」 の瞬間ショット♪

 「皆さんのラッカセイ畑」↓

ラッカセイの畑をお持ちの皆様の、収穫日が近づいてまいりました。8・9日(両日10時から)です。

ですが!その日でなくても大丈夫です。9月末ぐらいまで毎日ラッカセイ堀り(13:30)をしておりますので、

そこへ一緒に入ってゆでラッカセイを作ることもできます。

※大変遅くなっておりますが、本日詳細のご案内をお送りいたします。
 「収穫用ラッカセイ畑の草取りをやっと開始」↓

時間かかる・・・

 「野菜市場にレシピを出してみました」↓

シムラ支配人が「ラッカセイ、あんまり売れないんだよ~」と。

ゆでラッカセイはご当地料理で、あまり一般的ではないので「レシピ」を出してみました。

<レシピ>
   必要物:掘りたてラッカセイ+塩
 ①3%の塩水で沸騰状態にて60分ゆでます。(水からでもお湯からでもOK)
 ②そのまま冷まして出来上がり!(冷めるときに塩味がしみこみます)

           ・・・ナンチュウアラッポイレシピダ・・   ( ;°Д°)……
  
 ※3%の塩水の例 : 1リットルの水なら30グラム、3リットルなら90グラムの塩。
 ※掘りたてならゆで時間は40分ぐらいでも良い
 ※圧力なべを使うと、ゆで時間は15分ぐらいでもOK

コメントを残す

ブログ一覧に戻る