jni

2011.11.08
 「ふれあい学習館前」↓

先日倒したナラの木6本から採れた、きのこ木を干して並べてある、学習館前。

キノコの菌打ち、お仕事体験は2月に開催予定!
 「羊の窓」↓

牧場のヤマモトさんミツイさんが作った、羊の窓。

羊のかけっこで活躍する羊さん達の部屋には、子供さんがのぞける窓が無く、自作で扉と一緒に作ってくれた♪

これでのぞけるし、餌もあげられる。  

日々のお仕事で大切なのは、問題意識とメモ→行動  かな。

慣れちゃァダメ。  見えるものが見えなくなっちゃうから。

 「ロープ愛・前」↓

使ったロープの両ハジがこんなにテキトーに縛られていた。  

ダメダメこんなの。 きちんとしないと。

 「ロープ愛・後」↓

5分でOK。やはりロープのハジは、美しい輪になっていなきゃ。

テキトーに縛ってあるなんて我慢できん。 それがバラバラにほどけている状態なんて耐えられない。

これぞロープ愛。                     (ただのA型!?)

 「あ」↓

畑のカゴに、カマキリの卵が・・・

マナト君ほしいかな?                     (今、頑張っていますね)

 「これが!」↓

これが、キクイモ!

上が枯れてきたのでそろそろ掘りごろ♪

「ひろがるから、全部掘りだすのは難しくて、1回育てるとそこはずっとキクイモ畑になっちゃうよ」と

言われていたのが  よーく 分かった。

大小の塊の1つ1つはボコボコだが、糸の付いた風船の様に地中に広がっていた。  なるほど。

てっきりショウガのように増えるのかと思った。  ちがうんだなあ。
 「こんな感じ」↓

ぶーら ぶら。

 「軍手山」↓

週末の後は軍手山との奮闘。

連休時などは、次の日の昼前に再び使うので「夜」に忙しい。 連続で使う日はけっこう手がかかる。
 「トンボが」↓

ソラマメの種をまく所にマルチを張った。水と間違えて、交尾した状態のトンボが卵を産むしぐさをする。

でも水じゃないから産めない。  なんだかわるいなァ。

トンボは交接器がオス「尾(?)の先」・メス「首の後ろ」にあるので、オスが前、メスが後ろでガッチリと

つながったまま飛んでゆく。 危険に遭った際、前のオスだけやられて、後ろのメスが生き残る率が高い

という理由もあるそうだ。

 「ソラマメの種をまき始めた」↓

遅めだが、最近の気候では遅いほうがいいのかもしれない。

昨年は普段通りにまいた小麦が、遅くまで暖かすぎる冬のせいで、12月に穂が出てしまい、収穫量が減った。

部分的に小麦が全然採れない列もできた。

ソラマメやさやえんどうは、芽を出させたら、小さいままで冬越しをさせる。

暖かすぎると大きくなりすぎて冬を迎え、寒さでダメージを受けてしまう。

ことしもメチャクチャ暖かいですよね・・・。  昨日は半そででも少し暑いぐらいだった。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る