まきばの花だより

2016.04.03お知らせ

日に日に暖かくなってきて、いよいよ春到来のまかいの牧場。
場内では様々な花たちが咲きはじめました。

有名なものから、普段は見過ごしてしまうような花まで、現在の開花状況等をお知らせします。(4月9日現在)

サクラ(ソメイヨシノ)

開花状況:見頃(4月9日現在)

場所:場内各所

場内に約100本あるサクラの木。見頃を迎えています。

 

シャクナゲ

開花状況:つぼみ~2分咲き

場所:場内 ハンモックの森上部~動物供養碑への道

場内でも山の上側にあたるため、以外と知られていないシャクナゲの並木。約120本が咲き誇ります。現在はちらほらと咲き始めていますが、木によっては5分咲き程の木もあります。

 

ツバキ

開花状況:満開~散りはじめ

場所:場内各所

赤やピンクの大きな花が場内を彩っています。

カタクリ

開花状況:咲きはじめ

場所:場内 梅園横(坂の下側)

発芽から開花まで7~8年程かかるといわれるカタクリの花。スタッフが蒔いた種が7~8年ほどの歳月を経てようやく花を咲かせました。

昔は富士宮地域でもよく目にすることができたという花ですが、今ではなかなか野生種を見ることができなくなっています。

林床に可憐に咲く薄紫色の花を、是非ご覧ください。

 

オキナグサ

開花状況:見頃

場所:場内 羊飼いのゴルフ受付裏(現地スタッフにお尋ねください)

名前の由来は綿毛に覆われた姿が、翁のような姿からだといわれています。花が咲き終わると種子には長い毛のようなものが伸び、まったく別の姿を見せてくれます。

この花も自然に生えていましたが、現在では少なくなっているようです。

 

ミツマタ

開花状況:見頃

場所:ものづくり工房前等

名前の通り、枝が三又に分かれているのが特徴的な植物で、花びらに見えるのは筒状の萼です。古くから和紙の原料としても知られています。

 

※開花状況は掲載日現在のものです。天候等により変化することがあります。何卒ご了承ください。

お知らせ一覧に戻る