「いちご牛乳」や「コーヒー牛乳」は今の日本には存在しないのです。

2018.08.21

「あぢい・・・」

羊が暑そうにしてました。

太平洋ではエルニーニョモドキという変な名前の現象も起きており、今後もまだまだ暑い日々が続きそうですよ。再び。

 

 

 

 

 

「ヤヴァイ植物発見」

月曜日の朝は場内を行く。

その際、発見した危険な植物。

これは、チョウセンアサガオ。猛毒。(薬にもなりますが)

食べると、精神錯乱・朦朧(もうろう)、場合によっては死に至る植物。

動物が食べたら大変なので、引っこ抜いて藪にポーイ。

種がこぼれて増えたら大変だ。

 

 

「畑でバサバサ」

シソの横、トウモロコシ畑にバッサと生えているコレは・・・

トウモロコシ。

黄色い部分はタネなので、取り残したトウモロコシがすきこまれて、芽を出してこんな状態に。

※このまま育てても、寒くなるまでにダメになります。

 

 

 

 

「頑張っていました」

実習の学生さんが、満を持して、乳しぼりの説明に初挑戦。

やる気のある学生さんを、担当スタッフが「できるかどうか」を判断し、

挑戦する場合も。

お客様にも状況を説明し、逆にホンワカした雰囲気で進みますw

将来の役に立つ機会になれば・・・

 

 

「素晴らしい」

この春に入社したワタナベハルカお姉さん、「ご案内をお客様が自由に手に取れたら良いのでは?」と考えて、自主的に作ったモノ。

素敵です。

美しさ、分かりやすさ(設置高さ含む)、管理のしやすさ、頑丈さも合格ライン。

素敵です。

 

 

 

「昨日のキュウリもぎ食べ」

キュウリは、畑にある分しかないので採れそうな本数を数えて、その少し下の数で参加整理券を先にお配りしております。

収穫時、整理券をお持ちの方が優先的に収穫し、券をお持ちでない方はそのあと採る。

そうすることで「モノがないじゃないか!」とか「先に受付したのに・・・」という問題が起きないようにしております。

※キュウリもぎたべ、今日(火曜日)は不開催・・

 

 

 

 

 

「最後のバナナトラップ設置」

つけたとたんにチョウがやってきましたヨ。

夜が寒いと、カブトムシ全然来ないけど。

 

 

 

 

 

「指が・・・」

トマトの剪定をしていたら、指がアクで真っ黒。

 

 

 

 

 

「種類別【牛乳】とは」

名前に「~牛乳」とつけてよいものは、搾った乳100%でないとダメ。

水で薄めたり、砂糖などを添加したものは「~牛乳」と言ってはダメ。

※「3.6牛乳」みたいな数字は、乳脂肪分3.6%を表しております。

 

 

 

「これは種類別【牛乳】ではないのです」

別のものを添加したものは「種類別【乳飲料】」と区分されます。

それには「~牛乳」と名前を付けてはいけません。

ですから、現在の日本では「イチゴ牛乳」「コーヒー牛乳」の商標登録での製品は販売されていないと断言できます。

一番左のものは「種類別【低脂肪牛乳】」。

生乳(せいにゅう)から、脂肪を抜いただけもののなので、「原料に生乳100%使用」と言えます。

その場合は名前に「牛乳」を使えますが、あえて使わずに「まきばの~」とか「高原の~」とか、ほんわかした名前を付けているものも多いです。

Comments

  • 金光昭子 より:

    キュウリの収穫に孫3人が参加して、大変喜んでました。
    取れたてのキュウリを冷やしてシソ巻いてオリーブ油を垂らして食べて、美味しかったと感動していました
    シソが好きになったみたいです✨
    色々有難うございました

    • makaino より:

      ややっ!
      それは最高なお声を頂けました☆彡

      知識+体験=経験値 という法則もあるようで、
      変化のきっかけにばれればそんな嬉しいことはありません♬

      またおまちしております!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る