ウール工房で常に聞くことのできる「不思議な音」

2018.11.20

「月曜日の朝」

月曜日の朝は馬飼野社長と場内を行く。

お参りは欠かさない。

祈りの中に、ジルの名前が加わりました。

 

 

 

 

 

「大規模花植えが始まりました」

富士山の美しい「絶景テラス」前の花畑に、ビオラ・パンジーの植え付けが始まりました。

来年GWまできれいに咲き続けてくれるか!?期待。

 

 

 

 

「ミツイ先生」

酪農などについて、事前に質問を受けていたミツイお兄さんが

先生役として数々の質問に答えているシーン。

牛を愛するミツイお兄さん、頑張っております。

 

 

 

 

 

 

「ワラビーはとってもおとなしい」

「ワラビー」は、カンガルーの小さい種類。

大きいのは「カンガルー」。

中間の大きさで「ワラルー」という部類もあります。

※冗談でなく(笑)

 

 

 

 

「ウール工房のマキの不思議な音」

ウール工房に先日置いたマキ。

不思議なんです。 ずーーーーッと「パチ・・パチ・・・・」と音を出し続けているのです。

別に虫がいるとかではないし、乾燥する際に出る音とかでもないようです。

本当に不思議。

1秒に1回以上音が出ているほど、パチパチ言ってます。

なんだか不思議なので、ぜひ一度聞いてみてください。

 

 

 

「ウール工房の作品群」

ウール工房では、様々なカワイイ動物やアクセサリーを自分で作ることができます。

Xmasにむけたモノから、石鹸をウールで包んでありそのまま石鹸として使える「フェルトソープ」等、様々。

買うだけでもできますが、自分で作ると楽しくて価値が出る。 そこが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る