エダマメもぎたべ体験、開催!(完全終了いたしました)

2018.09.25

「ありがとう!」

コハク君は2歳のころからまかいの牧場に遊びに来てくれており・・・

昨日も馬には乗ったし、ものづくり工房でネイチャークラフトやドングリネックレスにも挑戦★

服に合わせた色合いに仕上がっております🎵 (お母さんが作ったもの、季節感ばっちりでハロウィンイメージが伝わってきました:写真ウッカリ・・・)

 

 

 

 

「朝」

昨日もなかなかの混雑ぶりでした、ありがたいことです。

貴重な時間とお金を使い、忙しい予定を調整して、今日を迎えた方しか、ここにはいないのですから。

我々スタッフはそれを頭に置いて。お迎えしなければ!💪

 

 

 

 

「熱い!」

まかいの愛があふれる絵を熱描してきてくれたのはケイハチロウ君!!!

まかいの牧場中の動物が・・・

動物が・・・

顔が・・・・

全部・・・・

新海さんになっていた(笑)

そして

 

 

 

「私のデスクにババーンと飾られた」

以前の作品は私の後ろの壁に。今回の作品はちょうど良い大きさのガクが🎵

動物たちの顔が全て新海さんになっているのもポイントですが、斜めの角度の顔(モグラ・ウサギ・モルモット)が見事です。

さらに、他のスタッフが感心していたのは、馬と豚等の「動物の体形」が正確に描かれている事!

描いている間は、牧場のこと(や新海さんのこと)を考えながら、熱く描いていてくれたことが伝わってきました!

ありがとうございます! 永く飾らせてもらいます!!

 

 

「おまけ」

新海さんの「いつも描く新海顔」を見せているところ。

 

 

 

 

 

「最近のキッズクッキング、盛り上がりがすごい☆彡」

タカダお姉さんのキッズクッキング、ファン増加中!

新メニューに変わるたび、必ず、急いで参加しに来てくれる子たちの話をよく聞くようになりまして♪

 

 

 

 

 

「サツマイモのカップケーキ作り」

私もキッズクッキング初期に少し担当した時がありまして、

その時にはニンジンをグリグリ切っている子が、「きれなーい」と言って・・・

左手で包丁を上から押さえて、ニンジンと格闘しているほほえましいシーン・・・・

のはずが。

よく見ると、『包丁の刃が上下逆』。

Σ(・□・;)ハウア💦!!!

慌てずに「逆だよ~」と冷や汗を表に出さないようにしつつ、包丁の向きを直す・・・

そんなことがあったなぁ・・・

(それを聞き、「いまでもありますよ(サラリ)」と言った、おとといのタカダお姉さん)

 

 

 

「来たぜ今年最後の【エダマメもぎたべ!!!】」

50名ほどの皆様と一緒に畑に到着!

※写真下の「エダマメつっこみ」がいい感じですよ★

 

 

 

 

「とったどー!」

ラスト収穫の為、「採れる量が増える」というサプライズが加わって、楽しさMax!

※「ブログ見て、このために来ました!」という方も、2組伺っておりました。

 

 

 

 

「ゆで時間は沸騰して4分30秒!」

ラッカセイは沸騰して40分ほど煮ますが、エダマメは5分弱。

だから棒に名前書いたりしない。釣りみたいに竿をもって「じっと待つ」。

でもワクワクの楽しい時間🎵

※左下のお兄ちゃんに、なにか近しいものを感じる・・・・(*`艸´)

 

 

「できたぜホカホカ!!!!」

とりたての味が違う№1・2はトウモロコシと落花生。

そこに続くのがこの「エダマメ」!

野性味のある甘さは、1回食べると忘れられない美味さなのです☆彡

参加できただけでラッキーな体験!!

次回開催は来年!!!

参加できなかった方、すみません!!💦

※右端の、顔が切れちゃったお父さんもすみませんm(_ _)m

 

 

 

「ウマー(*´▽`*)」

イチカちゃん(写真手前)は馬飼野牧場ファン!

お母さんとエダマメ収穫に参加できて、興奮もMax!

※「この味でまきば農園や牧場に熱烈に来るようになったんです!」とマー君たち。

そう、旨すぎます。 とりたてエダマメ💛

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

昨日はお月様がきれいでしたね~

中秋の名月!

Comments

  • 琥珀の母 より:

    こんにちは❗琥珀の母です。昨日もたくさん楽しませていただきました。ありがとうございます。
    「ドングリネックレス作りも楽しかったけど、一番楽しかったのは、子牛にミルクをあげたこと❗」と帰宅後、話しておりました。
    子牛がミルクを飲む期間も限られているのですから、貴重な体験ができて良かったです。また、「いただきます」の意味を考える良い機会になったと思います。

    次はいつ行かれるか…年内にもう1度行かれたらいいなぁと思っております。次回もよろしくお願いいたします

    • makaino より:

      いつも楽しみにしていただきありがとうございます!
      【「いただきます」の意味】とは、最も私たちがお伝えしたいこと☆彡
      喜びの声、牛の担当にも伝えておきまっす
      お忙しい中でせっかくお越しいただけるのですから、その期待にこたえ続けられるように頑張ります!
      応援ありがとうございます

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る