カタツムリの秘密

2019.09.06

「丁寧な掃除」

コバヤシお兄さん、ブロアーでの掃除を丁寧にこなす。

ただあちこちへ吹き飛ばすだけではなく、

芝生や樹木側から道路へ噴き出し、集めて掃除。

エライ。

 

 

 

 

「相談と打ち合わせ」

今週末から落花生堀が始まる!

もうじき燻製作りも始める!

その先にはピザを作る目論見、農園ニンニクやコンニャク作りなどの復活など

ヨシダお兄さん、食育を前進できる人だ!

 

 

 

 

 

「ワラビーふれあい」

ワラビーやマーラのふれあいなども、

徐々に進行中であります。

 

 

 

 

 

 

「最後の耕し」

お盆後に向日葵を刈って、土にすきこみ

最後の耕作。

よく土に還っています。

 

 

 

 

 

「花畑の草が💦」

すごい。

でも、これを手で取り除いている営繕女性陣もすごい。

取ってこんな

 

 

 

「別の場所の様」

ここ数日、スタッフも少し応援に来てくれております。

あと20%。

 

 

 

 

 

「キリカブメープルパン」

ちょっと撮影の必要があり、いそぎ撮り。

売り切れごめんの品です。

 

 

 

 

 

「昨日のふじさま」

昨日は曇りで全然見えず。

夕方、チラッと頭が見えました。

ふじさまの。

 

 

 

 

 

「カタツムリの交尾」

カタツムリが交尾していた。

都会ではカタツムリ自体がなかなか見られなくなっているので、この状態を見たことある人はそんなに多くないのでは。

目の下から交接器を出し、相手に挿入して交尾します。

種類によっては10時間も交尾したままのものも。

キュウリとかの作物の葉を喰われるのはちょっとイヤだけど、「頑張ってほしい」と思った。

顔晴れ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る