サツマイモを掘って、すぐにお料理挑戦だ!

2018.10.22

「サンパチェンス畑」

現在の山の上の花畑、11月半ばまできれいです~🌸

 

 

 

 

「自分の畑のイモを掘る!」

ツルを刈り、6月に自分で植えたサツマイモを掘り出し!

早速お料理に取り掛かる。

※自分で植え付け・種まきから挑戦するまきば農園、次年度分は、年が明けたら受付開始いたします。

 

 

 

「ありゃー」

畑に残った最後のお化けカボチャも持ってきてくれたようでしたが、

「持ち上げられる大きさ」だった為、持ち上げられ、落とされ

の繰り返しで傷だらけ&バラバラにされていた・・・

まぁ、触るわな。

 

 

 

「悪魔的うまさ」

堀りたてをすぐゆでし、即座に冷凍しておいたゆで落花生を

大鍋のお湯でひとわかしして、販売。

約100袋用意しましたが、計って準備している間に7割売れてしまい、

販売に場内へ行く際には30袋程度しかなく・・・

6分で完売。

「1袋買った方が、おいしすぎてまた戻ってきてさらに購入」。

という流れで、悪魔的おいしさを感じる。

これはおいしすぎる。

 

 

 

「13:30の収穫体験」

80名ほどの皆様と掘りまくり!

袋パンパンで2~3キロ入って500円。

ここからは、毎日開催となります。

11月末ぐらいまではあると思います!

※11月3日からは、大根引っこ抜き&サツマイモ堀りという2種収穫同時開催バージョンとなります。

 

「さ!お料理だよ!」

たき火の油で、カラリとチップスを作る!

※アブラの温度管理もやっと慣れてきました(;^_^A

何度の油に対してどのぐらいの量(イモ)を入れると、どのぐらいの時間で出来上がるのかが。

週末のみ開催の「掘ってすぐお料理」のルールは、芋ほり参加の方は300円でたき火お料理に挑戦でき、掘った中で最も大きい1本をたくさんのチップスに生まれ変わらせます。

 

 

「味付け」

揚げたチップスに調味料をかけ、もう1枚のお皿をかぶせて・・・

ガッシャガッシャ振る!

 

 

 

 

 

 

「そしておいしく食べる!」

さっき掘り出したものを、アウトドアお料理ですぐに食べる。

これぞ贅沢の一つ。

※週末のみお料理をできるようにしております。

 

 

 

「セッセと・・・!」

夜。レストランにお礼を伝えに行った。

日中、お料理で使ったお皿などが、想像以上に油まみれで洗うのが困難だったので、食洗器をいきなり使わせてもらいに行ったから。

そしたら、みんなですごい速い手の動きでジャガイモの革をむきまくっていました。

食べているだけではわからない事、ここにもあった!

「食材を育てている人」の部分だけでなく、「お料理する人」の部分も考えながら「たべる」と、おいしさも違ってきます。

お家でだって、おんなじですよね。

家でも「お料理を食べるだけ」なんて失礼だ。

準備、片付けは〇〇のやること。ってのは、誰のためにもならない。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る