バットマンの1日

2019.07.26

昨日の朝。

賢くてかわいい、体の小さなシラス君(ヤギ)が・・・・

他の施設へ行くことになり・・・

「え!?僕が行くんですか?聞いてないんですが!?」

 

という、シラス君の1枚

「んん!?」

 

「ぼ・・・僕ですか!?」

 

 

 

 

 

「別れを惜しまれながら・・」

シラス君、他の個体と一緒だと、餌を食べさせてもらえない。(弱い)

でもものすごく賢い子で、ハタノお姉さんもいろいろ芸を仕込んで

できる技もあったりしたのですが・・・

「カワイイからずっと飼う」だけでは、それはペット。

スター(象徴)的な展示飼育をして、終生飼育という方法もないわけではありませんが、

経済に深くかかわる動物が「家畜」。

経済価値が高い時期を逃してしまっている様ではそれも管理失格。

気持ちだけで「なんだか可哀そうだから・・・」を、してしまうと、

飼育施設内が全て老齢動物ばかりになり、結局管理の手も回らなくなってしまいます。

「家畜」と「ペット」は明確に違うものですから。

お陰で、いつでもスーパーに肉が並び、卵や牛乳が適正価格で販売されています。

それで仕事が成り立っている人がいます。

 

 

 

「今年初、トウモロコシ狩り!」

ヨシダお兄さん、少し緊張しながら

初の一般の方向けトウモロコシ狩り開催!

 

 

 

 

 

 

 

「畑にて」

トウモロコシの生理化学的な説明、農薬を使わない解説等

お伝えしたいことはたくさんあります。

「採りたてトウモロコシは美味しい!」なんて当たり前。

適切な解説と熱い想いで、参加した方々の「おいしい!」が「ものすごくおいしい!(感動)」につながります。

 

 

 

 

「ナマウマー!」

トウモロコシは、とりたてを生でかじってみるのも超オススメ!

シャキシャキ感と甘さが

ものすごい勢いで襲ってきます!

まさに  ヤヴァイ。

 

 

 

 

 

「ユノパパさん」

「ブログ見て急いできました!」とユノパパさん♪

そう。

うちも、子供とパッパと平日にお出かけできるのは幼稚園まででした。

小学生になったとたんに、平日同伴無理。

幼稚園保育園の時間の感覚と、小学生以上の時間感覚はずいぶん違いますね…。

 

 

 

「ガァブゥリ!」

バットマン(ダイチ君)がすごい勢いでトウモロコシにかぶりつく!

という瞬間をとらえたパパがえらい!

 

 

 

 

 

 

 

「馬のしっぽでストラップ作り教室」

どの馬から取ってきた(強奪した)毛なのか

わかるようになっておりますから

「推しホース」を選択することができます。

今だけの体験!!(平日限定)

 

 

「こんな風に作ります」

大地君、作る過程も十二分に楽しみ、

世界に一つだけのストラップを作る。

 

 

 

 

 

 

「これが まかいの流」

心が入った作品を作る。

これが「まかいの流」。

作るときに、スタッフとした会話も

大切な思い出の一部です。

 

 

 

 

 

 

「そしてコレ」

ブルーベリー狩り!

食べ放題ではありますが、厳選した大粒のブルーべリ-を

手にためて・・・ためて・・・

 

 

 

 

 

 

「一気にガボッ!」

これだ!

幸せ爆発なブルーベリーの超贅沢な食べ方!

 

 

 

 

 

 

 

「バットマンは馬にも乗る」

昨日はツバキちゃんに騎乗。

トダお姉さんとも仲良くなれましたね♪

 

 

 

 

 

 

「バットマンはソフトも見逃がさない」

ナンやソフトクリームも見逃すわけにはいかない。

アスレチックやブランコも!

 

 

昨日も1日楽しんで頂いてありがとうございました!

※先日「ダイチ君っていうあの子、大きくなったわね!親戚の子を、いつも見ているようですよ♪」という声を、ブログをいつもご覧になっている方から頂きましたwありがとうございます!

 

 

 

「おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい!」

どこをどう通っても、ここ通るやんけ。

何日に来るんだ?

 

 

 

 

「おひおひおひおひおひおひおひおひおひおひおひおひおひおひおひおひおひ」

ここだけ真っ赤で200ミリをこえるだと!?

ちょう大雨やんけ。

場内もトウモロコシも、ひどい目に合う!?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る