幼稚園さん(遠足)の受け入れを。

2019.05.16

「朝早くは」

昨日はアサイチで農機具屋さんに。

長年使っていた管理機が、急に走行しなくなり、

その様子から、すぐ直らなさそうだと感じていた。

開けた中身を見せてもらい、チェーンが切れていた・・・

18万円ほどで購入したこの機械、直すのに12万ほどかかると・・・

(他にもかかるかも・・・と)

新規購入しかなさそう・・・  お疲れ様・・・エンジンの調子はいいのに・・・

 

 

 

 

「幼稚園さんの受け入れを」

タカダお姉さんやイケガミお兄さん、イデお姉さんたちとともに

幼稚園さんの遠足の受け入れを手伝う。

流れは、予約表を確認し、バスをとめる場所や園の担当などを大まかに決め・・・

バスの到着を待って、駐車場に誘導。(先についた園児さんがあふれる駐車場に、次のバスが突っ込んでくる事態もよくある事)

短時間で変わる周りの状況に合わせて、無線もフル活用しながら、全体の動きを把握しつつ、状況判断の連続。

初めに決めたことを、どんどん変える場合も多い。

バスの受け入れは、やってみないとわからないことが多いし、「柔軟さ」と「ブレない部分」と、両方必要なのです。

でもまぁ「事前の打ち合わせが大切」には変わりない。

 

 

「到着しましたら」

多くの幼稚園・保育園・子供園さんは、到着後に「welcome牛乳(試飲)」をしてから写真撮影→自由行動の場合が多いが、

園によっては、お遊戯が入ったり、写真撮影が無かったり、条件が様々。

写真を撮るのに最適な場所も数か所しかないので、同時に複数の園が到着しやすい10時前後は、大混雑になりやすい。

何百名を、写真待ちで10分もお待たせするわけにはいかないし、一瞬の判断が大混雑が大混乱につながるので気を抜けない。

※パンフレット等をお渡ししたり、帰りのお時間や集合の放送を入れるかどうかの確認など、他にもすることがいくつかあるのです。

 

 

「ヤギのお散歩」

2家族さんで1頭のヤギを借りたが・・・

片方のおねえちゃん(左)は最後まで大号泣のまま!

ヤギ、ぐいぐい来ますから(;’∀’)

ヤギの事を知る「お散歩ヤギ」平日は1時間に1回受付で、週末は随時受付(が基本)で開催中。

 

 

「ヌギュゥーッ!」

さわれるコイノボリ、「ぞうきんコイノボリ」に・・・

それもよし!

いい写真を撮って欲しいな♪

 

 

 

 

 

「なん・・・だと・・・?」

私のバスが!?

 

 

 

 

 

 

ああ・・・そう・・・

 

 

 

 

 

 

「打ち合わせ」

5月22日の夕方「とびっきり!しずおか」(静岡朝日テレビ)で

生放送決定。

16:45~17:50の放送内の、20分ほどの企業を紹介するコーナーにて。

※静岡県内のみの放送です。

まかいの牧場の歴史や場内の紹介をしまくる内容です。

 

 

 

 

「これを体験していただきまして」

報道の方にはこれを体験してもらわねば・・・と、

まさかの・・・「トランポリンの謎」を体感していただく。

→驚愕の体験!!☆彡

このすごさは、言葉では絶対に伝わらず。

他にも、富士山テラスや花畑、ふれあい牧場も見に行く。

体験教室や農園も含め、牧場はお伝えしたいものが沢山あふれております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る