若獅子の塔(少年戦車兵学校)

2018.08.29

「撮影がありました」

昨日、SBSさんの「イブアイ」さんの撮影がありまして、その放送日は9月4日(火)の16:45から!

牧場でお仕事体験的な!

ぜひご覧くださいませぇ!

 

 

「若獅子神社」※まかいの牧場から車で4分

富士宮市の上井出にあります、若獅子神社。

太平洋戦争の際、少年戦車兵学校がここにあったのです。

当時は全国からエリートが集まり、入校倍率も55名に1人しか入学できない超人気校。

2年間の教育課程で、4000人以上が卒業したそうです。

 

 

「若獅子の塔」

14~19歳の若者が、「鉄の棺桶」と揶揄される、

世界的に見れば時代遅れな戦車に乗って、

サイパン島などの地獄の戦地で、

その命を散らせたのです。

終戦後、生き残った生徒だった方々の集まりが「若獅子の会」をつくり、

ここに慰霊のための「若獅子の塔」を建立しました。

 

 

 

 

 

「実物の戦車」

サイパン島戦車部隊に所属していた下田四郎氏が、終戦後に戦車を掘り出して日本に持ち帰ることを慰霊とし、

国との間の交渉を続け、実現させたのが この戦車なのです。

 

 

 

「弾痕」

アメリカのM3戦車は装甲が厚いのに、日本の戦車は薄い。

弾が貫通して中に飛び込んできて。戦死することも多かったそうです。

そんな悲惨な状況も、如実に語る戦車・・。

無傷の戦車よりも、歴史的価値が高いことは言うまでもありません。

 

 

「心」

碑がいくつかあり、10年以上経っているものも多いのに・・・

どれもピッカピカ。

←こちらも建立して8年たっているのに、

周りの風景が写りこんでいるピカピカ具合。

週に1回でもこうはなりません。毎日、水をかけて、心を込めて磨き上げている方がいる証拠をハッキリと感じました。

 

 

「地元の方にお話を聞く」

毎年お正月に若獅子神社にお参りを欠かさない、ハートランド朝霧のナカジマさんにお話を伺ってみる。

戦時中は「日本は最強の神の国」「連戦連勝」「負けることは絶対にない」「だから、食料や燃料は全部戦地に送ろう!」という真実ではない情報のみがあふれる状況で誰がそれに異を唱えられるでしょう。

戦死する瞬間にも「天皇陛下万歳!」よりも「おかあさん!」という子が多かったそうです。

そんな時代があったうえで、今の時代があり、今の我々があります。

慰霊の念とともに、忘れてはいけない、繰り返してはいけない過去の事実を知ることは大切だと感じた次第です。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る