ユイちゃん、お父さんと牧場を満喫する☆

2018.01.17

498805CD-9B97-4B3A-AC15-356463FF2D5C

「ユイちゃん」

お父さんと一緒に牧場を満喫!

まずはヤギの砦の中でじっくり仲良くなってから・・・

平日で、せっかくなので、一番仲良しになったヤギさんを選び出してお散歩!

そのヤギさんは「タンポポちゃん」!

※基本は「えさをおよこしなさい」ですけどね。↑このように。

F54D1A4C-864C-499F-98ED-D9FF1AD6CD2A

「朝一番で申し込み」

「外乗りひき馬」!

おひとりに15分ぐらいかけて、場内をず~っと、親御さんも一緒に歩いてゆく、平日限定の、1日に3名様までの特別ひき馬!

 

5C5AF1BB-86A5-4538-AEE0-E6365D1D51A8「やさしいヨシダお兄さんと」

昨日は「アイヒメちゃん」にのって場内を闊歩。

 

 

 

※引馬コースは3種類

①100メートル(2~3分)500円

②200メートル(5~6分)800円

③500メートル(15分)1500円(冬季の平日限定・予約制・先着順)

 

DC71823D-010A-45A7-827E-4B12B1E53F39

「昨日は装蹄(そうてい)でした」

月に1回の装蹄。

写真のパールちゃんたちは蹄鉄を外した状態です。

 

 

 

ACCA88C0-125B-4BE6-8BFC-3558DE716549

「こんな」

鉄の靴「蹄鉄」を外した状態。

蹄を保護する目的でつけている蹄鉄。なぜ月に1回打ち換えるのか。

それは「①蹄が伸びるから」と、「②蹄鉄も削れるから」。

夏は人をたくさん載せて頑張るので、鉄が削れて薄くなります。

蹄よりもずっと固い鉄が削れる。つまり、蹄鉄なしで人をたくさん載せていたら、変な形に削れてしまい、歩けなくなってしまう。

だから、人を乗せない馬や野生の馬はつけなくても大丈夫。

(管理されている馬は、野生ほど歩かないので「削れ」が足りず。削蹄(さくてい)をする必要があります)

 

FE005E9E-826F-4B7F-994D-209D68AD2AEE

「蹄鉄は」

蹄鉄は、基本の形のものがあり、それを熱して赤熱させ、馬にあてながら形を整え、最後に角張った部分を写真のように削ってから、専用のクギで打ち付けます。(その写真なし・・・)

蹄の先のほうに打つので、馬は痛くありません。

 

 

 

 

「2月のイベントスケジュール」

 

 

 

とりあえず!

大切なのは今月27・28日の13時からの節分・豆まき・鬼退治だ!!!

Comments

  • ユイパパ より:

    日記にアップしていただきありがとうございますユイも喜んで、毎日まかいの牧場に行く、まかいの牧場に行くと言っています素晴らしい環境、動物と触れ合える環境、本当にありがとうございます今月あと、一回でも行けたらなーと2人で話し合っています

    • makaino より:

      うれしいコメントもいただきありがとうございます!
      季節に合わせて様々な感動と思い出作り、成長をサポートできましたら無上の喜びです

      今は、ちょうど来季の事業計画を練り上げているところです。
      ご期待ください!

      そして近日中にまたお会いできそうで!ありがとうございます♪
      ※年間パスポートもひそかに存在しております。どこにもご案内が出ておりませんが・・・(入場口で普通に買えるんです。3回入場券買うならパスのほうが安いです)

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る