冬季間の定休日が決まりまして。

2018.10.04

「樹を立て直す」

倒れた大きなサルスベリを引き戻したうえで、支えを4本つける。

直せるものは直す。

無理なものは切って処理する。

切る木には可愛そうですが、粛々と進めざるを得ない。

 

 

 

 

「バッキリ」

折れた桜の枝を。

 

 

 

 

 

 

 

「処理」

桜は切ると、切り口から病気が入ったり、腐ったりして、樹形が乱れることが多い。

だから「桜切るバカ」という言葉があります。

牧場の桜も、2年前に業者さんが剪定しまくったが、切り口になにも塗らないものだから逆に「天狗巣病(てんぐすびょう):病床は、葉のついた枝ばかり出て、花期には花の中に緑の枝だけがボッサリ生えていて目立ちます」がもっと増えちゃったよ・・・・。

 

 

 

 

 

「ひっくり返った桜の根」

海の見える丘のアスレチックで桜の大木がひっくり返っており・・・

この根が・・・

 

 

 

 

 

 

「ものすごく浅い」

桜はそんなに深く根を張りませんが、それにしても根の張っている部分の厚さが30センチもない。

よく見ると、表面のクロボク(黒土)が薄く、その下は固い「マサ土(ど)」。

根が張りにくく苦しかったんだろうなあと、今更ながらに 知る。

 

 

 

 

「じつはなくなった」

モルモット村。台風で、実は吹き飛んで何もなくなった。

屋根も壁も扉も。Σ(・□・;)

※ひどすぎて写真掲載を見送ったほど。

 

 

 

「何とか昨日で」

ふれあいができるように片付けと整備を全力で頑張り、何とか今日から再開。

屋根がないから雨天時は無理ですが・・・

※日中の「ネコ」「カラス」「日差し」対策をしないと、出せないもので・・。

さて、今後どうするか・・・😓

 

 

 

「なにやら送られてきた」

なんでも、正しい「ウサギとのふれあい」と「正しい撮影方法」らしい。

 

ふむふむ、まず、

①(嫌がるのも構わず)においを深呼吸でかぎまくる・・・・ かな?

 

 

 

 

 

ふむふむ

②地面に突っ伏して、地面ギリギリまで「ウサギ目線にカメラを持ってゆく」・・・かな?

 

(;^_^A・・・・・

「ウサギ目線にカメラを」の部分にだけ賛同いたします・・・。

 

※でも「どう撮れたか」の結果写真を送りなさい(;’∀’)

そこでちゃんと感動させるオチにしなくてどうする(笑)

 

 

 

 

「定休日が決まりました」

基本は12月から、水曜・木曜がお休み。(3月半ばまで)

あと、1月最後の5日間(月~金)で連続お休みがあるという状況です。

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ブログ一覧に戻る