畑では、無駄な動きを減らす。

2019.05.30

「青シソを植える」

トウモロコシ畑にはえてきていたアオジソを

キュウリ畑の横に植え替える。

5株もあれば充分かな。

冷やしたキュウリを(やりたい人だけは)シソを巻いて、

オリーブオイルと少量の塩でいただくにょだ。

 

 

 

 

 

「富士山チラリ」

日本で一番高い所。

牧場から、山頂まで地図の上では10キロほどの距離。

でも(三角関数により)もし直線で糸を張ったら13㌔。

それだけ高いのです。

地殻変動により、富士山は徐々に高くなっておりますが。

 

 

「青の軍団」

おお、修学旅行の中学校さんが。

昨日も幼稚園さんの遠足も多くありました。

※その時期ももう終わる。6月に入ると遠足はもうありません。

 

 

 

 

「畑でひもを張って、まっすぐ畝を切る方法」

ヒモの端には、鉄の棒。

向こう側は、それがグッサリ刺さっています。

作業を始める側では、ピシピシと、持ち上げて張ってから、地面に

この様に刺します↓

 

 

 

 

 

「棒の先の工夫」

鉄の棒の先は、平らに潰して、さらに先の中央を少し削ってへこませてあります。(手作り)

刺さりやすくしたいからって、針の様に尖っていたら

ヒモがおさえられませんから。

この先の凹みにヒモを当てながら、地面に突き刺し、

そして棒だけ抜きます。

 

 

 

 

 

 

「そして隣に刺す」

抜いた棒は、棒につけてあるメモリに従って、次の列に刺しておきます。

そして、クワなどでヒモにそって畝を切り、畑の端まで行ったら、

紐を引っ張るだけで地面に埋まった部分が取れて、

刺してある次の棒(次の畝)に紐を張りなおせるという事です。

畑の反対側に向かって、無駄に歩く必要はありません。

 

 

 

 

「敵だ」

通称:ネキリムシ

土の中にいるヨトウガの幼虫です。

土の上なら、踏んだって全然平気。

引き裂くぐらいしないと倒せない。

夜、地表に出てきて、作物を食い荒らし、昼にはまた土に潜る。

農薬をつかわない農業には、やっかいな敵です。

 

 

 

「テンパータイヤ」

先日、夜、帰ろうとしたら私の車がパンクしていた。

タイヤ交換していたら、社長が(たまたま)来て「テンパータイヤかぁ」と一言。

知らなかったので調べた。

 

テンパータイヤ:「正式:テンポラリータイヤ」

【スペアタイヤ】は正規のタイヤのスペアであり、タイヤ幅がありますが、

【テンパータイヤ】は、応急のタイヤであり、幅がない(薄い)。長距離移動には向かないのです。(テンポラリー:仮の・一時的な)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る