永田雅一さん

2019.06.28

「朝整備①」

機械の燃料を吸い取る部分「ストレーナー」を

洗って掃除。

洗うのは燃料で。

水で洗うと乾燥がめんどくさい上に、第一、

はじいちゃってきれいにならない。

 

 

 

 

 

 

「朝整備②」

台風的なものが来るってんで。

排水が良くなるように溝掃除。

 

 

 

 

 

 

「朝整備③」

給水が異常に細い、というので

分解してこちらのストレーナーも掃除。

トイレへの給水で、こんなところにフィルターが

必要なのかなぁ。(ウォシュレットがあった場合はあったほうがいいか・・)

 

 

「おわかりいただけただろうか・・・」

 

 

この写真には・・・・・写っている・・・・

 

 

 

 

 

「永田雅一(ナガタマサカズ)さんと」

世界1受けたい授業でも先生役で何度か呼ばれている海洋ジャーナリストの永田雅一さん。

今後、コラボ企画をたくさん打ってゆく予定が

色々と決定しつつあります♪

第1弾を7月末に開催、ほぼ決定!

詳細は近日中に発表~♪

 

 

 

 

「その会話の中で」

永田さんが「ジャージー島はいい所。イギリス領ですが、フランスのすぐ隣なんですよね」という言葉があり、

速攻でその場で調べてみる。

なるほど。たしかに! ※行ったことあるんだぁ Σ(・□・;)

牛のジャージー種の起源の島はここか。

ついでにマンクスロフタン(ウチにいる珍しい羊)の起源の島「マン島」の位置も知った。真ん中なんや・・・・

 

 

「花壇だったはずだが」

レストランの花壇に「シソを植えて欲しいわ💛」という要望があり、

速攻で応えてみる。

事前にスコップでザクザク穴をあけてゆくと・・・・

カブトムシの幼虫がゴロゴロゴロゴロ出てくる・・・

花壇内に、植えた植物の根が回りきって、「土はどこへ行った?」という状態。

その状態が進んで、植物の根が枯れ始めると、木質系土壌というか腐葉土的なものになってゆき・・

こうなるのか。 ゴロゴロ。

 

 

「シソを交互に」

赤ジソとアオジソを交互に植えてみた。

成長したら、見た目、どうなるかな・・・。

 

 

 

 

 

 

「土砂降り中の入口」

なんか、傘がいっぱいで 悪くない♬

 

そして、気づいた。

 

 

 

 

 

「あ、ここ、雨が降ってない。」

 

シュールだ。

 

 

 

 

 

 

「これ、△」

このロープのまとめ方はちょっとイマイチ。

まず、上のロープ部分が長すぎる。(かけた際、ブラブラしすぎる)

次に、最後にロープをこのようにグルグル巻いたら、使う際に3秒で使えない。

 

 

 

 

 

「江(コウ)さん大活躍」

中国の皆様のアイスクリーム作り。

言葉が通じない方用に、絵で説明もできるようになってはおりますが、

それでは十分ではない。

そんな中で、売店で活躍している江さんに、通訳的に力を借りる。

・・・・とてもよかった!!

 

 

「さらに活躍して」

体験後、最後のお土産の解説もばっちり大活躍!(してました)

作った人の気持ちまでちゃんと伝えてくれるのは、とっても嬉しい事。

※江さんはものすごい努力の人。中国では親御さんが甘やかして育ててくれすぎて

「このままでは自分がダメになる!」と思い、単身日本にわたり、日本語もバリバリ勉強して覚え、困難な状況に自らを置いて「自分に厳しく、人にやさしく」を実践する人生を送っている素敵な人。(ぜひ「日本語お上手ですね」と話しかけていただけると嬉しい♪)

 

「おわかりいただけただろうか・・・」

 

 

 

今年初の・・・・・

 

 

 

 

 

カブトムシが左下に・・・・ (メス)

今年もよろしくねw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る