現場を見て衝撃を受ける

2019.08.07

「暑い日が続く中で」

動物も冷たいものが好きか!?

と思い、牧場(動物担当)スタッフが考えて

餌の入った氷をいくつか試しに作ってみる♪

 

 

 

 

 

 

「おお、慣れたら食べる食べる」

草の入った氷、ポニーたちにあげたら、

エサと認識したら食べるように♪

他の動物もいろいろ試そうw

暑いですもんね☀

 

 

 

 

「大人用アスレチック」

山の上の「森の隠れ家」にある大人用アスレチック。

説明を受けた後、まずは壁のぼりから。

 

※命綱、大切。 ですよねぇ・・・・。

 

 

 

 

「足の裏の消毒改善」

動物周辺のクツの裏消毒方法について、サイトウお姉さんを始め

みんなで頭を悩ませておりました。

昨日行った、神奈川の「ソレ〇ユの丘」さんの動物の所も申し訳程度の消毒。

けっこうどこの施設さんも、「これでばっちりクツ消毒」の方法は無くて困っている様子。

維持管理の「手間」「経費」(現実的に続けられるかどうか)、使う側の「使いやすさ」、何よりも「消毒効果」など、すべてが大切。

そんな中で、これはかなり良い方法ではないかと思う、素敵な消毒方法↑

 

 

 

「これは!」

「何かに刺されました。これなんですかね?」?と聞かれ、

これを見せられた。

症状は「熱く」「痛く」「かゆい」。

なるほど、これはおそらく「クロスズメバチ」。

私も昔、ハエかと思って手でバチンとたたいたら、指の隙間で生きていて、指をさされた経験がありまして。

ジュースの飲み残しなど、甘い汁が好き。

ホント、パッと見「ハエみたい」なクロスズメバチ。

注意が必要です。珍しくないです。

 

 

 

「ブルーム」

竹にらくがきが。(別に構いませぬ)

植物が、自分を守るために出す白い粉を「ブルーム」と言います。

キュウリなんかも、本来ブルームにおおわれている物ですが

販売すると「農薬?」と思われやすく、最近では「ブルームレス(粉が出ない)」の品種が普通になっております。

 

 

 

 

「いやや」

お散歩ヤギでこんなことも・・・。

お客様をナメ切っているので・・・・

スタッフが近づいた瞬間・・・・

「サッ」と立ち上がり・・・・

「あ~、お散歩楽しいなぁ~(チラ)」と、スタスタ歩き始めたりする。

ヤギは賢いです。

 

 

 

「羊の趣味」

まかいの牧場の羊は、午後3時過ぎ

よくこれをします。

「木の根に頭を突っ込んでジッとする」・・・

「みんなと一緒にいないと不安」になるのに、でも「独りになりたい」。
私はこれを「ヒツジのネットカフェ」と呼んでおります。(世界初)

やってることは「反芻(はんすう)」ですけどねw

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「海へ行きました」

海へ家族で行きました。

2年生の、下の娘が「海にあるもので工作したい」というので。

で、海水浴場の砂浜を歩いてみる。

 

 

 

 

「こんなところ」

満ち潮がここまで来たな。という「線」の所に

いろいろ流れついていた。

 

 

 

 

 

 

「すごい」

しゃがんで、砂の間をよく見てみると・・・・

ものすごい数の細かいプラスチック!

これが!あの! 5ミリ以下は全部そう呼ばれるという

「マイクロプラスチック」!!!

多い所では手のひらを広げたぐらいの範囲に10個以上見つかる。

 

 

「これ」

ニュースで聞いてはいましたが、最も多いのが

緑色の「人工芝のポキポキ折れたもの」。

なぜこんなことに・・・

全ては人間の所業。

ゴミだらけの状況を見て、娘が夏休みの工作の題名にしたのは「本当に怖いのは人間」。

すごいストレートな題名を付けるものだと・・・・

その作品↓

 

 

「題名【本当にこわいのは人げん】」

心臓(大切な)部分に、マイクロプラスチックが溜まっている様子が

言いたいことを表しております。

 

ニュースで聞くと、「我が事」としてとらえにくいところがありますが、

実際に見て触れると、衝撃がありました。

 

これからどう生活するかが大切ですね・・・

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る