台風後(天気予報があてにならない日が続いております)

2019.08.17

「朝の掃除がすごい大変」

台風がそれたので、強くても風速5mだと。

が、ぜんぜんそんなことはなく、テントは破れたり倒れたり飛んだり。

牧場中が折れた枝と葉っぱでいっぱい・・・💦

駐車場は、馬飼野社長が朝からすごい掃除してくれてまして💦

 

 

 

「そして8:30」

カブトムシ狩りだ!

おお!

雨が降っているし・・・誰もいない!

_| ̄|○ ソラソウダヨナ・・・

仕方ないから、一人でトボトボと森へ行ってみる。

 

 

 

 

「お、カブトムシ」

野生のカブトムシ発見。

網の中に入り込んでおりました。

今日と明日が最終回!

※昨日は、3日置いたバナナトラップを設置したから、ものすごい臭いでしたよ。

 

 

 

 

「6日前の風景」

ひまわり畑が・・・・

昨日は・・・・

 

 

 

「終了のお知らせ」

撮影の素敵なヒマワリ畑、終了!

ひまわりの開花時期は短い。

富士山もそうですが、最高な日に「今が最高!普段の事ではないのです。」という事をスタッフが認識して、お客様にしっかり伝えることは、非日常を提供する側にとってすごく大切なこと。

「旬」は大切。

 

 

 

 

「昨日」

1日雨が降りまくる予報でしたが、あまり降らず、

結局場内はワイワイ賑わっておりました。

※天気予報を見て人手を薄くしていたので、各所混雑してしまう時間帯も多かったようです。

 

 

 

 

 

「かき氷最高!」

食の体験工房横、「まきばのミルクカフェ」では手作りかき氷が人気爆発中!

今日明日も暑いようですね~。

 

 

 

 

 

「いきなり今年初開催」

春に収穫した・・・シイタケを串に刺して

シイタケ串焼き食べ体験(100円)をいきなり開催!

今日も午後、やっちゃいます! byヨシダお兄さん

 

 

 

 

「5分で売り切れまして・・・」

昨日はヨシダお兄さんに教えるのもあって限定18本だったので

あっという間に売り切れ、参加できなかった方は申し訳ない状況に。

シイタケは、1回凍らせた方が旨味が出ておいしいのです。

※細胞壁が壊れて、栄養とうまみが外に出やすくなるから。

 

 

 

 

「かぶりつき!」

シイタケは、5分くらいで焼けます。

たき火で焼き上げて、すぐ食べ!

お皿やハシ、お醤油を使いつつ、焼きたてをその場で食べる!

そりゃ旨い♪

 

 

 

 

 

「学生さん」

動物の学校の学生さんが実習に来ております。

一定期間以上の実習なら、おやすみの日があり、昨日は

実習生さんが食の体験に挑戦~w

※こんな学生さんの中から、来年私たちの仲間(スタッフ)になる人財が現れています。

 

 

 

 

「夕方」

外回り。(営業的な)

近隣のキャンプ場さんを回りました。

当然ですが、お盆中なのでどこも忙しそうでした。

 

 

 

 

「夜」

今日明日のイモリ観察会の暗室(プロジェクターを使うので)を作っていたら、

社長が来て手伝ってくれたので、スムーズに短時間で終わることができまして♬

ありがとうございますm(_ _)m

※天井全体が明るいので、上をふさぐのが結構大変。

 

 

 

 

 

「最後に」

イモリ観察会の観察対象を1種増やすため、ヤモリ捕獲。

今日、観察が終わったら逃がしてあげるからね。

※明日の観察個体は今日の夜捕まえます。アミでチャチャっと捕まえます♪(もう慣れた)

 

Comments

  • 戸田真、戸田悠登 より:

    新海さんへ報告です。伊豆高原でバナナトラップを仕掛けたところ、今朝、9ひき捕まえました。内、メス1ひきであと全部オス。野生のカブトムシを元気さがちがう!クワガタが捕れる日を夢見て今日も探しにいきます。新海さん、有り難う!ゆうとより

    • makaino より:

      タイミング最高なコメントをありがとうございます!

      昨日の最後のカブトムシ狩りでは、さっそくこのままの内容をご紹介し、説得力が増しましたw
      今から記事にしますが、昨日は初「オオムラサキ」をみんなで観察でき、豊かな自然を感じることができました♪

      昨日のブログにも書きましたが、クワガタは夜捕りに行った方が確率が高いですし、朝なら木を蹴飛ばして回るのも良いかも!

  • あのヤギに会いたい より:

    8月14日と15日に2日連続で思い出を作らさせていただきました。2日目の最後にヤギの(たくさん)いるところで1匹のヤギさんがさっきから自分の方をじっと見ていることに気づきました。実はそのヤギは1日目に餌をあげて仲良くなった(個人的には)小さいヤギでした。2日目にその子が見ていることに気づいた時、自分のことを覚えてくれてたのかな?と嬉しく思いました。急いでいた自分は、ちゃんとお別れできなかったという後悔もあるのでせめて名前だけでも教えていただきたいです。
    特徴は小さくて44番の緑のタグをつけています。どうか教えていただきたいです。お願いします

    • makaino より:

      はーい!
      愛のあふれるコメントありがとうございます!!

      あのヤギは「ココアちゃん」!
      ヤギ、覚えます。お客様でも。

      以前、当時小学生だったトモヤ君という男の子が(高校生になったら、牧場に実習に来てくれてびっくりした)、
      「新海さん!チャイが僕を覚えて、返事をするようになったよ!」と言われ、「え!?やってみて!」と言って即、試す。

      馬のつなぎ場前だったので、50メートルくらい離れていて、お互いの姿も見えない状態から
      「チャイ~!」→「メ~」  を2回繰り返し、本当にびっくりした思い出があります!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る