なんでも「目的・目標」って大切ですよ。

2019.08.21

「ものづくり工房から」

いつも楽しいホンマお兄さんのいるものづくり工房!

昨日もかなり賑わっておりまして、奮闘していましたw

ちょうどキャンドルアートを受け取ったお兄さんお姉さんが見え

いきなり撮るという失礼な新海さん(;^_^A

ものづくり工房は10種類ほどの体験が「いつでもどれでもできます」というスタンスで教室を行っております。

※そんな施設、なかなかない。他施設に遊びに行くと、それを良く感じます。

 

 

 

 

「たき火でポテトチップス作り」

ヨシダお兄さんが、たき火で大汗をかきながら

揚げる油を準備し、そこへ自分でスライスしたジャガイモを入れて

揚げる!

揚げる!

たき火でアウトドアクッキング、そりゃぁ楽しくてウマいってもんですよ♪

 

 

 

 

「バター作りしました」

昨日は食の体験に登場w

牧場体験でよくある「振って作るバター作り」でも、

お伝えしたいことは「食への感謝」「気づき」「またやってみようという気持ち」等

沢山の想いを込めて、

タカダお姉さんも、コバヤシお兄さんも行っています。

※なんでも「目的」が大切。目的・目標が低いと、最終的な到達点も低いものになってしまうから。

 

 

 

 

「私の【目標】の一つ」

バター作りが終わって、私が「質問なんでもどうぞ!余計な情報を加えながら、分かるようにお応えいたします」と叫んでいたら、お母さんから元気よく手が上がる。

「うちの子(赤い服のお兄ちゃん)が、こういうお仕事を将来したいって、どうしたらいいですかね?」と。

実例を挙げてできる限り詳しくお答え致しました。

私も、小学生のころ「水族館でお仕事をしたいっ!」と強く思い、水族館に自分で電話して「どうしたらなれますか?教えてください!」と言って、親に頼んで連れて行ってもらって館長さんをお話したっけ。※「竹島水族館」「南知多ビーチランド」等々・・・

(あ、竹島水族館、明日行くわ。娘と。)

 

 

 

「ヨシダお兄さんの猛奮闘」

キュウリの1・2期目が終わってきた!(3期目が最後ね)

片付けにとりかかり・・・

 

 

 

 

 

 

「おお、片付け完了!」

燃えているヨシダお兄さんは

やることが早いw

※最近、ある人に「農園が恋しいだろう?」って言われました。

いえいえ、全然。

恋しいなんて思う前に、ヨシダお兄さんが心から楽しそうに担当してくれることが、本当に嬉しいのです。それがこれからもっともっとお客様に伝わって、もっともっと楽しくお仕事してくれるだろうことがうれしくて仕方ないのです。

それは、私の目的が「私が楽しむこと」でなく「皆(スタッフ)が牧場各部署の仕事を楽しめる状態にする事」だからです。

 

 

 

 

 

「ダイコン畑を耕すときにいつも」

トウモロコシだった畑、もうすぐ大根白菜畑になります。

お盆中に、1回急ぎで耕したのは、茎などを早く土に還すため。

破片のトウモロコシから、芽がボッサボッサ出ているのを「わるいねぇ・・」と思いながら耕す(気持ちになる)のを、どうやらヨシダお兄さんも感じてくれた様子。

photo by ヨシダお兄さん

 

 

 

「お疲れさまでした!」

学校の先生は、10年勤めたら、一般企業に行って職場体験をして「学びの機会を持つ」という制度があります。

タナカ先生、2日間の職場体験を終え、「評価は相手が100%」「使命感を持って業務にあたると成果につながる」という、多くの学びがあったようです。

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る