チョッキリの季節が来た。

2019.08.23

「昨日のキュウリもぎたべ」

キュウリはもぎながら、トマトも食べられます!

もぎたてを、タライの氷水で冷やしながら「いただきます」!

毎日11:30に開催中~♪ (乳しぼり会場受付)

 

 

 

 

「おあ、キュウリが・・・」

キュウリが獣害に・・?

かじったところの跡と、ヨシダお兄さんの経験から

「キジ」に嫌疑がかかっております。

 

 

 

 

 

「道にポトンと」

そろそろ始まってきました、この季節。

朝掃除した道路に、緑色の若いドングリが、

葉とともに「パサリ」と落ちてくる季節。

 

 

 

 

 

「跡」

そのドングリのボウシを割ってみると、

まだ若い緑色のドングリに黒い跡がある。

 

 

 

 

 

 

「カッターで割ってみる」

穴の反対側をカッターで切り、

指で慎重に割ってみると・・・・

出てきたのは・・・・

 

 

 

 

 

「こんな小さなもの」

0.5ミリぐらいの白い粒。

卵です!

これは「チョッキリ」という虫が、

まだ若いドングリに卵を産み付け、それを葉っぱごと切り取って落とすという産卵行動をした証。

 

 

 

 

 

「こちらが親御さん」

チョッキリはハイイロチョッキリやモモブトチョッキリなど色々います。

※知らなかったときは、「たった今、パサッと落ちてきてけどリスでもいるのかしら!?」と思って、(落ちてきた瞬間を見たら)めっちゃ樹上を見て、キョロキョロしていた私でした。

この産卵行動がみられるのは、今から約2か月間ほどです。

 

 

 

 

「電話でラジオ出演」

お電話でラジオに出演は、月に1回近くあります。

それをできる(する・させられる 含む)スタッフも何名かいます♪

経験を積んでもらって、なんでも訓練訓練。

スタッフみんなでまかいの牧場を創るのです。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

「水木は」

私の話ですが。10年以上前、最初の子が生まれた際に「この子が6年生の夏休み、父と娘で1泊の旅行に行く」(計画・立案・先導全て子供担当・車運転も一切なし)と決めていました。

その10年越しの旅行に行ってました。

 

 

 

 

 

「殊勝にも」

「お父さんが子供のころ育たところを見たい」と、私の小学校を見に行くコースも入っており。

海上アスレチック・竹島水族館等に連れて行ってもらいました。

 

※今年の4月に「行く先をとうとう決めました!」と最初に本人から発表された時は「秋葉原」が目的地になっていたので、「確かにどこでもよいと言ったので、それでももちろんOKだけど、そこを最終目的地にするのはどうかな?」という会話をしていたのですが。

(;^_^A

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る