「日本イチ〇〇〇〇ブランコ」が出来上がる。

2019.11.07

「今日は・・・・」

昨年の今日。

30年以上生きた、超長寿のポニー「ジルちゃん」が命の灯を終えた日。

普通、多くの事情により最後まで生きられることはそんなに多くない。

今日は1周忌。 あとでお参りをしよう。

 

「回」と「周」で違うんですね。↓

葬儀のお勤め →一回忌
翌年のお勤め →二回忌(=一周忌
翌々年のお勤め→三回忌(=二周忌)

 

 

 

 

「朝は応援を頼む」

1分で終わる、超力仕事がありまして。

 

 

 

 

 

「コレ」

秋の装飾の終了したオート3輪を仕舞う。

直前までは、重機でけん引できるが、最後は人手でないと入らない。

※後ろが崖だから、重機が奥側に入れない。

11人で全力で押して何とかなる。

皆様ご協力ありがとうございやす。

 

 

 

「その後バッタバッタと」

ヒノキを倒しまくる。

 

倒した様子の動画はこちら。

 

 

 

倒すのを、遠くから見守るイベントにして、「林業への理解を深める催し」にしている事例もあるよな・・・

みんな、本物見たいよな‥・・・・・  (あまり本気ではない程度にちょっと考える)

 

 

 

 

「ドーン」

レイ君の昨日の大根引っこ抜き!

毎日13:30受付で毎日開催中!(芋ほりと同時開催)

この写真はいいんです。

理由は

「背景が全部『畑』」「光の角度が逆光ではない」「大根に葉っぱがかっていない」「さし出しているポーズで、大根がかなり大きく映り込んでいる」「大根が斜めの構図なので最大アピールになっている」「自信あふれる笑顔が素敵(最重要)」

 

一つ言うなら、顔の7割近くが「影」になったので、太陽を背にして撮ればもっと顔が明るくなった。(明るいのでそんなに問題ないですが)

 

 

 

「ソウタ君のキャラメル」

冷やして、ある程度固さを増したところで

包丁でネットリスッパリ切る。

焦がし具合でねっとり切れるか、カチンと割れて飛んでいくかが違う。

「焦がし具合」が「命」のキャラメルづくり、季節の体験で毎日開催中!

※コバヤシお兄さん入魂の人気体験です。

 

 

 

「できたような感じだ!!」

最後の部品が昨日の夕方入手予定だったので、昨日、プレで古い金具を取り付けてやってみた。

なかなか「ハイジのブランコ感」がある。

ネーミングに悩んでいます。

「ハイジのブランコ」(ピンとくる)

「Hiハイジのブランコ」(ハイハイジノブランコ:より高いって事だ)

「日本1の〇〇ブランコ」(〇〇には「富士山」「高すぎる」「写真が撮れる」「危険な」を入れる)

・・・・少し運用して、大丈夫に(改善点が無く)なったら、TV局にお知らせしなければ。

「日本にここだけのブランコ」なのは間違いないから。

※あ、これもタイトル候補か

 

 

「うおおすごい」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハイジだ!」

 

 

案内表示をどうしようか迷っております。

危険度表示は必要ですし、「個人で勝手に作ったため、事故などが起きました際には撤去致します。自己責任でご利用ください」的なのを外国語でもばっちり書いておかないと、大事故が起きる。

少なくともそう思っておかなければ。

明日までに「ご案内表示」もある程度完成させねば。

もう今日から使えますよ。

 

 

「紅富士が見事で・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

「レイ君、越えてみる」

 

 

 

 

 

 

 

 

「踏んでみる」

 

 

ニッポン1をふんでる ふんでるw

 

 

 

 

「高さ是正」

高すぎて、乗るときは飛び乗らないといけなかったし、

降りるの飛び降りなきゃならなかったし

第一「止まれなかった」ものですから・・・

土を盛って、ゴムマットを敷いて地面をかさ上げしたら全て問題解決。安全度向上。

 

 

 

 

 

 

「アーチェリーレイ」

レイ君なので

レーザー光線アーチェリーです。

めっちゃ、アーチェリーを気にいってくれたそうですよ♥

 

RAY(レイ)=光線(レーザー)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る