ペンキ塗りの「超」早い方法

2019.12.26

「朝」

朝日を浴びる馬小屋。

・・・みんなこっちみている・・・

 

 

 

 

 

 

 

「うお」

めっちゃ見ている・・・

やじうまどもめw

 

「我々は餌が欲しいわけだが・・・。」と言っていましたね。ええ。

 

 

「足跡が・・」

 

 

 

 

 

 

 

「めっちゃ続いとるがな」

場内の車両出入り口には、石灰が厚く敷いてあります。

雨後にはこんなことも・・・・

石灰の良いところは、雨が降っても殺菌力が落ちにくい事。

でも。

多く人が通るところに設置すると、その前後にこの足跡がつき始め

どんどん全体が、見た目の悪い、白っぽく汚れた(様に見える)状態に・・・

設置場所を選びます。

 

 

 

「遊ぶマホジャ」

子牛は、生まれてから約2か月と少しだけ、ミルクを飲む時期がありますが、

その期間だけ「子牛のミルクやり体験」で活躍。

この、子牛の「マホジャ」は、今、生まれて1ヶ月と2週間。

遊んでほしくてしょうがなくて、

ミルクだけあげたら、全然飲まないので・・・・

指を吸わせながらミルクの所へ持って行き・・・

全部飲んだ。 ε-(´∀`*)ホッ

 

「もうすぐ大人」

「育成牛」のグループは、「もうすぐ大人」の牛たちです。

大きさのバラツキで、食べる量までバラツキが出てはいけないので注意が必要です。

便が水っぽい子には、整腸剤を水で溶かしてドロドロにしたものを与える。

自分でゴクゴク飲むわけもないので、ロープで縛って逃げないようにしてから、

首をガッと抱えて、口の横からダラドクと飲ませる。

急ぐと肺に入って肺炎を起こして命にかかわるので、薬を上げるだけでも気を使います。(体力も使います)

 

 

 

「水のみ」

暑い日には1日に200㍑近く飲むこともある大人の牛。

(よく食べる人の様子を「牛飲馬食(ぎゅういんばしょく)」とは、よく言ったものですw)

←これは牛の給水機。すごく素敵なんです!

この指でさしているところを牛が鼻で押すと・・・・

 

 

 

「水がジョーッ」

勢いよく水が出ます!

離すと止まる。

大きな容器では、ためた水が古くなっては良くないし、

ためるのも大変だし、洗うのも大変。

でも、これなら牛が好きな時に新鮮な水を好きなだけ飲めるのですw

素晴らしい設備!!

 

 

 

 

 

「たくさんのイス・テーブルを塗ります」

小林お兄さんの頑張り。

白いテーブルを塗り替え中。
使う道具は・・・散布器!(手動)

これがまた、早い!

もし、塗る対象が構造的にごちゃごちゃしていたり、

塗ったペンキをどんどん吸い込んでしまう素材なら

より一層効果を発揮!

早い!!!速い!!

 

 

 

 

「洗い方も学びます」

小林お兄さん、お手入れの仕方も学びました。

使い終わったら(油性ペンキでしたが)、とりあえず水でガンガン洗ってしまい、

最後に少量のシンナーを入れて、噴出した後、(その噴いたシンナーで)湿ったボロ布で、本体を拭き上げておしまい。

お手入れは約10分程で終わります。(慣れれば)

 

 

※今日だけは更新が夜10:30すぎに・・・遅くなり(;^ω^)スミマセン

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る