誰だ、仔牛にマユゲ描いたやつ。リリしくなってるじゃないか。( ー`дー´)キリッ

2020.01.23

「ポニーズ」

「はーい、財布だしなさーい」と営業活動をしていたポニーズ。

せちがらい・・・

 

(餌がほしいだけ)

 

 

 

 

「あたしはどうなんのよ」

強いポニーのリオちゃんは1頭別の部屋にいます。

一緒にいると、他のポニーを追い払い、自分ばかり食べ・・・・

太りすぎて、脚を悪くしてしまった。

で、隔離してダイエット成功。

戻したら同じことの繰り返しになるから、こちらにいるわけです。

 

 

 

 

「こんな顔もします」

女子のリオちゃんの「ムヒーな顔」だけでは申し訳ないので

こちらも載せておこう。

 

※本日の動物写真は牧場スタッフ提供~

 

 

 

 

 

 

「哺乳バケツ」

今、仔牛が5頭おります。

当たり前ですが、1頭の時の作業時間の5倍。

それが朝昼夕で×3倍。

なかなか飲んでくれないときに、手をかけていると・・・・見事に他の事ができなくなります。

そんな中で、乳首がついた「哺乳バケツ」は優れもの。

下痢予防に混ぜ込んだ薬などは、粉状で一番下にたまりやすく、バケツであげたときにチビチビ飲まれると、薬が底に残りやすい。

哺乳バケツは一番底にある部分から飲む形になるので、投薬もきっちりしやすい。

※この哺乳バケツでも飲まない事も多いですけどね・・・(;^_^A

 

 

 

「キリッ」

凛々しい・・・・マユゲが描いてあるよ・・・・

ウンコだけど・・・

(自分でつけたらしい)

 

 

 

 

「ミカンの皮」

ウール工房で、ミカンの皮が大量に必要だから!

という事で、ウール工房の会員の皆様、一人60個のミカンの皮はノルマだったそう。

牧場の衆も(ありがたく)協力し、たくさん集まったミカンの皮で・・・・

染色!

 

 

 

 

 

「毛を一緒に」

染色は、色水を作って一緒に煮ればいいというものではありません。

「媒体(色を出すもの)」「薬液(媒染・色を固定化するもの等)」「温度(気温含む)」「濃度」「染色時間」「水質」等、様々な要素が絡み合って出来るもの。

どれかが1つ欠けただけで、色が悪かったり、ちゃんと色が固定できなかったり、違う色になったり。

地域が違って、水質が変わるだけで同じ色が出ない事は、普通の事。

 

 

 

 

 

 

「見事な優しい色が出ていました」

ミカンの皮での染色、成功したようです。

染色は割と簡単な物から、難しいものまでさまざま。

 

 

 

 

 

 

 

 

「昨日は」

私は家の用事で愛知へ行ってました。

ファミレスみたいなところに入って、セットを頼むと・・・赤味噌w

岡崎出身ですから、みそ汁は赤味噌が基本の私、うれしい🎵

岡崎城から八丁の距離にあったから「八丁味噌」の、味噌蔵には、岡崎市の小学生は必ず見学に行く。

富士宮市の小学生が「富士山学習」をするのと同じ。

地域愛・郷土愛は放っておいても育ちにくい。教育プログラムが後押ししなきゃね。

 

 

 

「86歳のおじさんは現役農家」

親戚のおじさんとこに寄った。

いろいろお話をした。

野菜、販売できる整った大きさや形なのは3割だねー と。

奥のカゴのニンジンが販売用、手前の方が、販売できないもの。

素人的には「ふぞろい野菜」とでも名付けて、同じ価格でも少し(1袋分を)多くして販売しては?とか思っちゃいますが、販売する側の都合もあるのか、難しいと。

「農家は仕事にしにくい(継ぐ人がいない)」の理由の1つがここに。

ーーーーーーーーーー

ここにも・・・農家を辞めろを言わんばかりの話が・・・↓

「種苗法改定 自家増殖(採種)禁止法案」審議開始。とんでもない事が進んでおります。(すでに決まったものもあります)

農家さんで、「作物の自家採種をしたら、逮捕される」という法案。 アメリカの圧力に負けすぎです。滅茶苦茶です。

https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12568344138.html

※とぶ形にできない・・・(-_-;)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ブログ一覧に戻る