どんど焼きの様子(今年は今度の日曜11日!)

2009.01.07
「どんど焼き」とは小正月の火祭りです。

お正月のお飾り、門松、書初めなどをここで燃やすのが正しいとされています。

お越しになる方はぜひお持ちくださいませ。

「これほどの大きさはなかなか無いね」とよくご意見を頂きます。

勇壮な日本の伝統行事をご堪能くださいませ。
 「点火は4方向から干支の年男年女が」↓

点火前に募集します。結構すぐ決まります。

 「どんど焼きがどんどん燃える」↓

ものすごい煙が立ち昇り、どんどん炎が大きく巨大になってゆく!

書初めの炎や灰がこの時たかーく上がると字が上手になるといわれています。

 「炎に包まれて」↓

紅蓮の炎が上がる!ものすごい熱気で皆、ずっと後ろに下がらざるを得ません。

この炎に体を当て、ここで焼いた餅を食べると1年病気をしないと言われております。

 「餅を焼きましょう」↓

点火前、棒にさした餅を販売しています。(もちろんおうちから持って来てもOK)

「ではやきましょう!」の合図で棒を置くマクラ木が用意され、そこにおいて焼きに掛かります。

1本200円。毎年過去最高の本数を用意しますが必ず点火までに完売。

昨年は250本用意しました。今年は300本かな。

 「お菓子まきも開催」↓

おめでたいときにはこれだ!

火があるていど収まってから行います。14:00に点火して、14:25ぐらいに行うことが多いです。

 「実はこの写真は・・・・・・!」↓

今日の写真は全て昨年のものですが、「見える方」がこの写真を見て「ああ、龍がいるわね」と!

確かに!中央下の黄色い高温部分にはっきりと龍の顔が!赤い炎で手の部分もある。
11日は点火が14:00!

そのほかにも太鼓演奏、お菓子まき、お正月遊びコーナー、書初めコーナー、ヤキイモ屋台販売などございます。

さて、今年は天気もよさそうですし、ものすごい人出が予想されます。

餅も売り切れると思いますのでお早めに~。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る