温床の温度がドンドン上がってきた!

2008.03.15
「タマネギのビニールが吹っ飛んじゃったので」↓

この間の大風でマルチがベロベロはがれて

もう直しようが無かったので、実験してみてよかった「籾殻(モミガラ)マルチング」を。

風でも吹き飛ばなかったし、育成もなかなかよかったのです。

コレをする目的は、土の乾燥防止・霜で根が持ち上がるのを防ぐ・雑草防除

地温が下がりにくいなどですね~。

 「吹き飛んだマルチングはけっこう良い状態」↓

もったいないのでまた次の冬に葉物を育てるのに使おう。

 「ブルーベリーの準備」↓

ウッドチップを地面に敷くと良いという事で、ものすごい山が3つ

発酵熱でモウモウと湯気を上げながら畑の横に出現。

 「ジャガイモを作る畑はここです♪」↓

じつは・・

この畑・・・

遠いんです・・・。

まかいの牧場の入場口から歩いて7分。今までの2分から考えるとちと距離があります。

これは、ジャガイモも連作障害対策の為。

あんまり同じ場所で同じ作物を続けて作ると、

特定の病気や虫がつきやすくなったりすることです。

牧場内の慰霊碑前という選択もあったのですが、さすがに山の上は・・・

と考えまして、新畑の「木もれ陽(び)畑」を選択。
 
土が良いですから良いジャガイモができることでしょう♪
 「踏み込み温床の様子①」↓

温度計を刺しました。

 「踏み込み温床の様子②」↓

こんな風に。

右が35.0度 左が30.5度でした。なかなか早い高温っぷりだ。

 「踏み込み温床の様子③」↓

今日はけっこう雨が降りました。

朝一番でシートを雨よけバージョンにしました。

雨が掛かりっぱなしでは温度が下がってしまったり、水分過多になりますので。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る