牧場の128本の桜、見頃は4月10日(土)~中旬まであたり♪

2010.04.01
 「スミレが咲いていた♪」↓

春ですね~。  一足早くスミレが咲き始めました。

スミレは「スミレ」という花があります。

「馬」という品種はいません(ミニチュアホースとかサラブレッドなどが品種)。

「鮒(フナ)」というもいませんし(ギンブナ、ヘラブナなどはいる)、「犬」という種類もいません。

普通に呼ばれる名前の品種がいるのはあまり多くないのです。例えばスミレの他、「フクロウ」なんかも

フクロウという種類がいます。         愛(め)でるにはドウでもいいことですけども。
 「プチ修理」↓

ナチュラヴィータ(駐車場のカフェ)でバネが壊れたというので、応急修理。

部品が来るまではこれでなんとかしてね。
 「午前中耕し」↓

ココは収穫用トウモロコシのタネをまく、梅園横の畑。

 「社長直々にご指導入りました♪」↓

社長も実は自身の広大な畑を管理しており、耕運機なんてお手の物。

より安全にすばやく耕作を進める方法を伝授。   速くなった♪
 「耕した後は」↓

機械では限界があります。(匠はチガウのかもしれませんが・・・)

畑の隅はどうしてもきれいにならないので、最後の手直しも大切。

フンワリした土も凹んだ部分や盛り上がった部分があると、水がたまりやすかったりしてそこだけ温度が

下がりやすくなるなど育成にも差が出てしまいます。
 「富士山に帽子」↓

いつも遊びに来てくださるミクちゃんたち。

富士山がスッポリ雲をかぶってきれいだったので、一緒に撮影~♪
 「今日のナノハナ摘み食べ」↓

ユウコちゃん、ヨウタロウ君たちはこんな体験初めて♪

摘んで・ゆでて・自分で切って、普段と違う体験を楽しめました♪
ナノハナを摘んですぐ食べる、食育収穫体験「ナノハナ摘み食べ」は4月4日まで!

ただ・・・それ以降の日では山の上の遠い畑で、出来る範囲で「ナノハナ摘み」だけの開催も考えております。

※【出来る範囲】というのは、伸びすぎると固くなって味が落ちるので、育成を見ながら美味しく食べられる様であれば開催するという事です。(10・11日は「出来る」と見ています)
(開催するのであれば13:30。乳しぼり会場前に看板が出ておりますし、ここでも告知いたします)
 「ミクちゃん」

いいねえ。カワイイ。 来年の看板候補ですヨ♪

 「みんなのニンニク・ソラマメ畑とブルーベリー」↓

この横を耕しながら石拾い。耕すたびにまだまだ石が出る。せっせと拾い続けることで石がなくなってゆきます。

コツコツやる以外ないのです。

ブルーベリー収穫は夏休みはじまる頃になると思われます。(初収穫!楽しみっ♪)
 「丘の上のナノハナ畑」↓

上でも少し書いたナノハナ畑はここ。

眺めは最高。  一生の思い出に残ると言ってよいと思います。

※私も感動して毎年の家族年賀状はココで♪
 「先日テリー伊藤さんも絶賛してくださった【みるくスフレ】」↓

手作りPOP。    美味しいけれど、限定品!!

※今日から新年度、いろんな事が変わりますね。

 ・子供手当て 
 ・高校授業料無償化
 ・農家 個別所得保証制度
 ・自動車重量税軽減
 ・診療報酬改定
 
 

コメントを残す

ブログ一覧に戻る