「キュウリもぎ食べベストショット」発表!

2008.09.04
 「雑草と呼ばれるものの代表格のオスとメス①」↓

こちらはメヒシバ(雌日芝)。

都会でも田舎でもどこでも生えている草です。

「雌」の字が入っていますが、これがもっと強健な感じの「雄」の字の入ったオヒシバ(異種)と根元比較。

 ※私、「雑草という名の草はない」という言葉、好きです。
「雑草と呼ばれるものの代表格のオスとメス②」↓

メヒシバは踏まれるのにはあまり強くありません。

これがメヒシバの根元の写真。これに対して・・・・

 「雑草と呼ばれるものの代表格のオスとメス③」↓

オヒシバ(雄日芝)の根元。

踏まれる害(踏圧害:とうあつがい)に強いので、道路などの踏まれるところで残れるのはこの草と

オオバコくらいのもの。

でも別にふまれるのが好きなわけではありませんが、とにかく強いのです。
 「ラッカセイは根にできません」↓

昨日も掲載しましたが、できるのは茎でも根でもなく、「子房柄(しぼうへい)」という部分の先。

 「それでは今年のキュウリもぎ食べベストショット!」
来年のもぎ食べ看板にはこの中のものが採用最有力候補!

 「ガブゥゥゥゥゥゥリッ!!」

↑これは採用確実という事で。

この上↑下↓の2枚は題名「任侠胡瓜伝」(にんきょうきゅうりでん)

 「鴨川シーワールド」↓

シャチが!アシカが!オットセイが!  吹き飛ぶ!お兄さん。

 「近所でいつも遊ぶ友人家族が♪」↓

はじめて行った鴨川シーワールド。

私、中学生のころから水族館志望だったので、愛知県近隣の水族館は何度もすべて行っていたのですが
千葉県は未開の地。
大変楽しみにして行きました!入ってすぐの水族展示が過去の展示形式だな~とおもっていたら
新しい建物では期待通り♪
いまどき、水槽は横からだけでなく上や下や隙間等、いろんな角度で見られないとね♪
展示方法やショーの構成など、いろいろ参考になりましたワ♪
「見せる」でなく「魅せる」でないとね。牧場だって同じ。

コメントを残す

ブログ一覧に戻る